魚のあれこれ知識&ベッコウゾイ

釣り場でよく釣れる【ベッコウゾイ】ですが、皆さんは【ベッコウゾイ】について詳しい情報を知りたい!と思ったことはありますか?

もっと魚に関して特徴とか、美味しい料理方法が知りたい!と思ったことはありませんか?

そんな方に、今回はベッコウゾイについての特徴や料理方法を紹介していきたいと思います。

出典:ロックフィッシュ大全

ベッコウゾイはどんな魚?

ベッコウゾイは、スズキ目カサゴ亜目メバル科の海水魚。体長は、平均で40センチ前後に成長します。
生命力が非常に強く締めずに活かしておくと、一晩くらいは生きることもあります。市場への入荷は希、やや高値で取引がされる魚です。

特徴

ベッコウゾイの特徴は、体色が黄色っぽい褐色に斑点の色合いを持ち、模様が『べっ甲』に似ていることから名前の由来ともされています。また、べっ甲ではなく『タケノコ』に似ていることから”タケノコメバル”とも呼ばれている魚です。

生息域

ベッコウゾイの生息域はメバルとほぼ同じ、北海道南部以南から九州にかけての沿岸部岩礁帯を中心とする水域です。

生息環境

エサとなる甲殻類や、小魚が集まりやすい岩礁帯の藻場を好み、海藻に稚魚を産みます。

波やうねりが入りやすい外洋よりも、波静かな内海や入り江のほうがベッコウゾイの生息環境に適しているとされています。

ソイの名称をもつ魚ですが、ソイとは別種とされています。

また別名タケノコメバルですが、メバルの仲間というわけではありません。

ベッコウゾイとソイの大きな違いは生息地域の違い。ベッコウゾイが見られる地域はソイと比べて局地的です。

ベッコウゾイの人気料理

ベッコウゾイは、あまり知られていませんが実はとても美味しい魚なんです。

根魚独特の身離れがよく甘い肉質は様々な料理でおいしくいただくことができます。市場への入荷は稀であるので、釣れた際など味わってみてはいかがでしょうか?

刺身

ベッコウゾイを刺身にすると、独特の甘さと弾力のある食感が魅力です。皮をつけた焼霜造り、薄造りにして食べるのがオススメですね。

塩焼き

ベッコウゾイは焼いても身が固くならないので塩焼きにも向いています。皮の香ばしさと身の甘さが堪能できる料理になります。

煮付け

ベッコウゾイを煮付けにすると、歯が悪い方でも身は軟らかく身離れが良いので食べやすくなります。甘みがあり、辛口のお酒の肴としてオススメできる料理です。

汁物

ベッコウゾイの汁物はアラから出る旨味のある出汁が魅力。

少量の塩や醤油、味噌をつけた単純な味付けでいただくと、とても美味しいです。

ベッコウゾイの釣り方

ベッコウゾイの釣り方には、ルアー釣りとエサ釣りがあります。

夜間等、エサを求めて活性が高い時間はルアー釣り、そうでない時間帯はエサ釣りが向いています。

メバルを狙っていたつもりが、釣り上げたらベッコウゾイということもあるので、ぜひ挑戦してみてください。不思議な魚ですね。

ルアー釣り仕掛け

ルアー釣りの場合、6~7フィート前後のロッドに2000番台のスピニングリール、ワームと呼ばれる柔らかい樹脂製のルアーを針先に付け、底近くを引いてくる釣りをします。

エサ釣り仕掛け

エサ釣りは日中、ルアー釣りより釣れるのが魅力。

胴付き仕掛けの針先にアオイソメや石ゴカイを付け、仕掛けをベッコウゾイのいるポイント付近で上下させて誘うと、釣りやすいです。

ベッコウゾイを釣って食べよう!

ベッコウゾイはそれほど気難しい魚ではなく、動くものには食いつきますので比較的釣りやすい魚。

釣り入門者向きのターゲットと言えます。

生息域も人が近づきやすい場所であることが多く、食べても美味しい魚ですのでファミリーフィッシングなどで狙う方が多いです。楽しく釣りができそうですね。という事で、今回は定番の【煮つけ】の紹介をしていきます。

ベッコウゾイの煮つけ

材料 (4人分)

めばる 2匹

長ネギ 1本

しょうが 1片

酒 100cc

醤油 120cc

みりん 100cc

水 600cc

梅干し(大)2個

上白糖 大さじ1

作り方

1  めばるは魚屋さんで下処理してもらうと楽ちんです。内臓をとり、頭と身を分けてぶつ切りにしてもらう。

2  めばるは沸騰した湯にくぐらせ、冷水でしめてぬめりや血合いをきれいに落とし、水気をしっかり切る。頭はあら汁にする。

3  調味料と水を鍋に入れ煮立たせ、頭を除く2を並べ、長ネギ、しょうが、梅干しを加えアルミホイルで落し蓋をして10分煮る。

4  お玉で煮汁を魚に回しかけ、さらに5~10分煮詰める。火を止めて味をなじませる。

5  食べる直前に冷めていたらかるくあたためる。皿に盛りつけて出来上がり。

コツ・ポイント

自分でさばけない時は、魚屋さんで下処理してもらうこと、2の行程をしっかりとすることで臭みがない上品な味になります。

薬味がなくてもとてもおいしくできます。

薬味は「野崎洋光が教える分とく山のかくし味」に掲載されていた合わせ薬味です。

まとめ

今回は、釣りにいかないとお目にかかれない【ベッコウゾイ】の特徴や料理方法を紹介しましたが、どうでしたか?

もし、釣れる場所にバーベキューできそうな場所があれば、シンプルに塩焼きなんかも美味しそうですね!

スポンサーリンク