魚のあれこれ知識&ブリ

店頭で良く並んでいる【ブリ】ですが、皆さんは【ブリ】について詳しい情報を知りたい!と思ったことはありますか?

もっと魚に関して特徴とか、美味しい料理方法が知りたい!と思ったことはありませんか?

そんな方に、今回はブリについての特徴や料理方法を紹介していきたいと思います。


ブリ

古くから年取り魚として伝統行事に使われ、日本人の生活に深く浸透している魚です。

特に関西や北陸地方では、東日本の鮭に匹敵する魚として珍重され、祝い事には欠かせない食材のひとつとして扱われます。

ブリ・カンパチ・ヒラマサを指して「ブリ御三家」と呼びます。

成長に従って呼び名を変える出世魚の代表格で、上記した通りに地域ごとでワカシ、イナダ、ワラサ、ブリと呼び名が変化していきます。

ブリの旬

冬(寒ぶり)。

12月(師走)においしい魚だから、魚偏に師で「鰤」と書きます。

いなだ(40センチくらい)は夏が旬です。

わらさ(60センチぐらい)も冬が旬です。

【名前の由来】

「ぶり」の名は、江戸時代の本草学者である貝原益軒が「脂多き魚なり、脂の上を略する」と語っており、「あぶら」が「ぶら」へ、さらに転訛し「ぶり」となったという説があります。

ぶりは成長に応じて呼び名が変わることから、縁起の良い「出世魚」といわれています。その名称は地方によって異なり、

 関東では わかし→いなだ→わらさ→ぶり

 関西では つばす→はまち→めじろ→ぶり

 富山県では つばいそ、こずくら、ふくらぎ→がんと(はまち)→にまいずる→ぶり(こぶり)→さんかぶり→おおぶり

と変化していきます。

このように、「はまち」とは元来、ぶりの若魚を指す呼び名のひとつでしたが、近年、はまち程度の大きさで出荷される養殖ぶりが多いことから、流通過程では、ぶり(一般的には7~8キロ以上)のサイズに満たない2歳魚程度の若魚や、養殖もののぶりの総称として「はまち」という名称を用いるケースが増えているようです。

【ブリと呼ばれるまでの名前の変化】

このブリの大きさの目安を具体的に人間で例えてみますと、

関東では

モジャコ=幼稚園児=稚魚

ワカシ =小学生 =35cm以下

イナダ =中学生 =35~60cm

ワラサ =高校生 =60~80cm

ブリ  =社会人 =80cm以上

北陸地方になると

コゾクラ=小学生

フクラギ=中学生

ガンド=高学生

ブリ=社会人

関西では

モジャコ=幼稚園

ワカナ=小学生

ツバス・ヤズ=小中学生

ハマチ=中学生

メジロ=高校生

ブリ=社会人

となります。

同じ日本でも地域ごとで呼び名が違うことが分かりますね!

そんな【出世魚】のぶりを使って、自宅でも簡単に美味しく頂く料理方法を紹介していきます。

ぶりと野菜の黒酢あんかけ

シリコンスチーマーで簡単中華!ぶりのうま味と黒酢のコクたっぷりのボリュームおかずです。

作り方

材料 [2人分]

ぶり(切り身)

2切れ

ピーマン

1個

パプリカ(赤)

1/2個

たまねぎ

40g

たけのこ(水煮)

40g

きくらげ(乾燥)

4枚

ごま油

小さじ2

おろしにんにく

小さじ1/2

【合わせ調味料】

黒酢

大さじ2

砂糖

小さじ2

しょうゆ

大さじ1

小さじ2

片栗粉

小さじ2/3

  • ピーマン・パプリカ・たまねぎ・たけのこは食べやすいサイズに切り、きくらげは水で戻します。
  • シリコンスチーマーにごま油・おろしにんにく・(1)・食べやすいサイズに切ったぶりの順に入れ、電子レンジ(500W)で約3分間加熱します。
  • 【合わせ調味料】(黒酢・砂糖・しょうゆ・酒・片栗粉)をよく混ぜ合わせて(2)に回しかけ、さらに1分30秒間加熱し、全体を軽く混ぜ合わせます。

アレンジ・調理のポイント

  • 合わせ調味料はダマにならないようによく混ぜ合わせてから加え、手早く加熱しましょう。
  • 野菜はにんじん・なす・ブロッコリーなどを使ってもよいでしょう。熱を通りやすくするため、あまり厚切りにしないようにしましょう。
  • 材料を倍量にした場合、電子レンジ加熱時間を2倍にしてください。

まとめ

今回は、出世魚で有名なぶりを取り上げましたが如何だったでしょうか?モジャコからブリまでに辿り着くまで、たくさんの名前があることは私自身、とても勉強になりました。

皆さんも覚えていて損はしないと思います。魚の世界も狭いようで広く深いものですね。私も早く【ブリ】と呼ばれるような一人前のライティング・アドバイザーになれうように頑張ります!

スポンサーリンク