目指せ釣りガール!お金をかけない釣りの服装と釣った魚で魚料理!

初めて釣りをはじめてみようかなと考えている方(とくに女性の方)は
どんな服装で釣りに行ったらいいかイマイチわからないですよね?
今回は釣りの際にお金をかけずに出来るオススメの服装、
さらに自分で釣った魚で作れる魚料理を紹介していきます!

釣りガールにオススメの服装

インナー・アウター

釣りの際は「ちょっとやり過ぎかな?」と思うくらいの服装をオススメします。
冬場は中にヒートテック5枚とライトダウン2枚着るくらいが丁度いいと思います!

船の上をはじめ、釣り場は自然の真ん中にあることが多いので、
暑さ、寒さ、日焼けなどのダメージを直に受けてしまいます。
冬であればスノーボードに行くとき、もしくはそれ以上に着込むくらいが良いと思います。
暑ければ脱げば良いだけなので、しっかり着込んでいきましょう。

日陰がない釣り場も多いので帽子や長袖、
日焼け止めなどでしっかり防御
することを、オススメします。

風速1メートルあたりの体感温度はマイナス一度になると言われており、
海の上は風を遮るものがないため陸より寒い…なんてことも覚えておきましょう!

目からも紫外線を受けてしまうので、サングラスも忘れずに身につけましょう。
100円均一のサングラスで十分です!可愛いのもありますヨ。

シューズ

特に船の場合は足元に海水を流すことがあるので、
スニーカーだとびちゃびちゃになってしまうこともありますので、避けましょう。
濡れても大丈夫&滑りにくい長靴やペタンコのサンダルがオススメ。
サンダルでしたら100均でも購入可能です!
また、釣り船屋さんで貸してくれることもあるので、持っていない方はお問い合わせをして確認する事をおススメします。


汚れが気になる人はレインコートを

インスタ映えの観点ではイマイチかもしれませんが(笑)
1番上に着ていれば様々な汚れやニオイから防いでくれますので
汚れたり濡れたりに敏感な方は、使い捨てのレインコートが便利です。
100円均一の物でも十分効果を発揮してくれます。

簡単なのに本格的!白身魚の西京焼きレシピ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!
海釣りデビューは、お金をかけずに楽しめる!ということを私の体験からお話してみました!
そして…私が釣った魚を料理するなら…今回は
白身魚の西京焼きを紹介したいと思います。
魚料理なんて難しそう…と思ったら大間違い!簡単に出来ちゃうんです!
半日漬けておけば充分なので、朝漬けて夕飯に頂くことができます!

材 料(2人分)

  • からすがれい切り身(白身魚ならなんでも)2切れ
  • 西京みそ 大さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • マヨネーズ ティスプーン1
  • お好みで豆板醤など

作り方

  • 調味料をビニール袋に入れて、袋の上から混ぜる。(手が汚れなくていいですよ)
  • そこに切り身の魚をいれて、冷蔵庫で寝かす。(今回は半日漬けました)
  • 沢山、釣れた時などは、この状態で冷凍しておくこともできます!
  • 魚を取り出して、キッチンタオルなどで少しだけ周りの味噌を取り除いてから、グリルで焼いていきます。
  • 大きさにもよりますが、表5分、裏3分くらいが目安です。
  • はい、出来上がり!超簡単!

おいしくなるコツ

焦げ付けないように様子を見ながら焼いていくと◎火加減も十分に注意しましょう。

まとめ

初心者釣りガールでもお金をかけずに
フィッシングに挑戦できる服装を紹介しました!
こういう時は100均が本当に心強いですね!
ぜひ釣った魚でおいしい魚料理にも挑戦してみてください!

スポンサーリンク