海釣りレシピ!自分で釣ったアジで、おいしい魚料理ができる?!

「自分で釣った魚を自分で食べる」
釣り人なら一度はそんなことをやってみたいと思いますよね!
今回は初心者から上級者、ご家族まで楽しめる【防波堤釣り】に焦点を当てて
釣れる魚の紹介と、釣った魚で一体どんな料理が作れるのか
簡単なレシピなどを紹介していきたいと思います!

防波堤釣り

防波堤はテトラポッドやゴロタ石など様々な障害物があり、多くの魚が集まってくるため、
釣りには絶好のポイントといえるでしょう。足場もよく釣りがしやすいので、
初心者から上級者、ご家族で釣りをするにはおすすめ。

防波堤で釣れる魚

年間を通して季節や時間帯、潮目やポイントなど条件によって釣れる魚は異なりますが、
防波堤では小型の根魚から大型の回遊魚まで様々な魚が狙えることができます。好条件の時には、
エサを落としておけば何かしらの魚がヒットする釣り堀状態になることも期待大!
ここでは季節に分けて釣れる代表的な魚をご紹介していきますので、釣ってみたい魚を選んでみてください!
また後半では釣れた魚で、どんな料理が出来るのかも紹介していきますので是非!
仲間や大切な人と一緒に作ってみるのも楽ししみの1つかもしれないですね。

春に釣れる魚の種類も様々!

春での釣り用語で「乗っ込みシーズン」と言うものがあります。
この「乗っ込み」とは、産卵期に魚が深場から浅場へ近寄ること。
この時期は産卵に備えて荒食いするため釣りやすいです。
エサを求めて接岸してくる魚の多い時期です。気温の上昇に伴い、
活性が上がり始めて釣れる魚種も多くなってきます。代表魚種は下記の通りです。

代表魚種
メバル / カサゴ /アジ/ クロダイ / シーバス / アオリイカ / カレイ

夏に釣れる魚

夏場は気温が高く、魚の活性が上がり防波堤付近の沿岸部にも大物の青物が回遊してくる時期。
コマセを使ったサビキ釣りなど、いろいろな釣り方が楽しめる季節です。
因みにサビキとは、釣りに用いる仕掛けサビキ針の略称で、胴付き仕掛けの一種。
またその仕掛けを用いる釣法サビキ釣りの略称でもあります。
カゴの中のコマセを水中に散らす為(またアクションを与える為)に
竿をシャクって仕掛けを引くことをさびくと言うことから名づいたとされています。

代表魚種
アジ / マゴチ / カマス / サッパ / イワシ / シーバス / メジナ

秋に釣れる魚

秋は春に生まれた個体が成長し、積極的にエサを食べ、
大型魚は越冬の貯えでが荒食いをする季節。
1年を通して最も釣果が安定した時期と言えます。

代表魚種
アジ / アイナメ / サヨリ / シーバス / ハゼ / シロギス / タコ

冬に釣れる魚も沢山あります!

通常はオフシーズンに入る冬場ですが、活性の低い魚でも海釣りなら多くの魚が狙えます。
基本はボトム付近を探る根魚などを狙った釣り方がおすすめです。
魚はかくれんぼがお好きみたいですね。
ポイントを見つけて探して釣るのも楽しみの一つです。

代表魚種
アイナメ / カサゴ / カワサギ/ 太刀魚/ ヒラメ / カレイ

釣れた魚を使った料理レシピの紹介!

堤防釣りでは特にアジが釣れやすいです。
今回はシンプルでありながら美味しく召し上がれる『アジの塩焼き』
紹介していきたいと思います!
料理初心者の方にも手軽にできておススメですよ!
早速見てみましょう!

アジの塩焼き

脂がのったアジを堪能するなら、まずはシンプルな塩焼きで頂きましょう。
ひれに塩をまぶして焼くと焦げにくくなり、ぐっときれいに仕上がります!

下ごしらえ

①うろこがある場合は、包丁の刃先を当て、尾から頭へと動かして取ります。

②尾のつけ根に包丁を寝かせて入れ、上下に小刻みに動かしてぜいごをそぎ取ります。

③裏側も同様にぜいごをそぎ取ります。流水で洗いながしたら水気を拭きます。

④腹に切り目を入れます。一尾の場合、盛りつけたときに下になる面に切り目を入れます。
腹を向こう側(背中を自分に向けるようにおします)にして置き、
胸びれの上に長さ5cmほどの切り目を入れる。

⑥えらを取ります。えらぶたの中に指を入れ、
赤いひだ状のえらを引き出して取り除いていきます。反対側も同様にしていきます。

(正直…私は、ここの作業が苦手なので友達や家族に要請(笑)!
徐々に慣れていく努力はしていますが…まだまだ、出来ません(苦笑))

⑦わたを取り除き、水気を拭きます。腹の切れ目から指を入れ、内臓を指でつまんでゆっくりと引き出す。
残りの内臓を指でかき出しながら流水で流し洗ってペーパータオルで
表面と腹の内側の水気をしっかりと拭いていきます!

作り方

①火の通りが均一になるように、両面の身が厚い部分に斜めに1本浅く切り込みを入れるのがポイント!
また背びれ、腹びれ、胸びれ、尾びれに、それぞれ塩ひとつまみを、指ではさむようにしてまぶしつける。
こうすると、焼いたときにひれが焦げにくく、見た目がよくなります。

②両面全体に塩をむらなくふっていきます。
このとき卓上で使う調味料入れなどに塩を入れると、まんべんなく散らすことができますよ!

③グリルを中火で熱し、盛りつけるときに表になる面を上にして並べ、6~8分焼きます。
こうすると胸びれがつぶれず、きれいに焼き上がることが出来ます。
こんがりと焼き色がついたら、フライ返しと菜箸で身をくずさないように慎重に裏返し、さらに4~5分。
このとき背びれが折れないように、奥から手前に返すようにすることがポイントです。

④焼き色がついたら③と同様にしてもう一度裏返し、さらに1~2分焼きます。
このとき、えらが焦げそうになった場合は、アルミホイルを細長く切り、えらの上にのせるといいですよ。
器に盛り、半分に切ったすだちと大根おろしを添え、大根おろしにしょうゆ適宜をかけて出来上がり

まとめ

今回は防波堤で釣りに挑戦しょう!ということで、
四季を通してどんな魚が釣れるのか?どんな料理が簡単にできるのか?
を紹介してきました!確かに釣る楽しさも大切ですが、
自分が釣った魚を自分で料理出来たら、もっと楽しさが増しますよね!
貴方らしいつりの楽しみ方は、どんなものですか?
その楽しさを探すのも、また釣りに対する楽しさを見つけるヒントになるかもしれないです!

スポンサーリンク