魚のあれこれ知識&ヒイラギ

深海釣りで、釣れたら凄いと言われる【ヒイラギ】ですが、皆さんは【ヒイラギ】について詳しい情報を知りたい!と思ったことはありますか?

もっと特徴とか、釣り方や美味しい料理方法などが知りたい!と思ったことはありませんか?

そんな方に、今回はヒイラギについての特徴や料理方法を紹介していきたいと思います。

出典:ズカンドットコム

特徴

体は薄くて、葉っぱのような形をしたいます。体色はメタリックな銀色で、背中に黄褐色の点状の縦縞を2本もつ場合が多いのが特徴です。

また、後頭部と背鰭の前部に一つずつ黒斑を持っています。

地方名では数多いが、ほとんどが「木の葉」「鋭いトゲ」「銀色」を表したものの呼び名がいくつも存在しています。下記に述べます。

浅海や汽水域の砂地に群れてすみ、斜め下方向に長く伸びる口を使って砂中の甲殻類や貝類を食べています。また、食道に発光バクテリアをもち、腹部を発光させますが、この現象の目的はまだよく解明されていないのが現状です。

体長は最大でも15センチほどと比較的小型の海水魚です。体は左右に押しつぶされており楕円形で、植物のヒイラギとは違い体表にトゲはありません。

ただし、背鰭のトゲは鋭いことで有名です。

ぬるぬるしているのでつかみにくく、おまけに背鰭のトゲが刺さると痛いという、なんとも釣り人を困らせる意地悪な魚でもあります。

また引きも強くなく小型のため、強調して言いますが釣りの人気は高くありません。

しかしながら、フナのように口を伸ばすことができる、光るという憎めない面白い生態を持っています。

標準和名「ヒイラギ」

長崎での呼び名【にちなむ】が、分布域に入る西日本の海沿いの地方ではさまざまな地方名で呼ばれています。

東京ではギチ、千葉ではギラ、ジンダ(ジンダベラとも)、静岡はネコゴロシ(ネコマタギとも)、愛知になるとゼンメ、浜名湖ではネコナカセ、和歌山はギンタ、大阪になるとネラギ、兵庫ではダイチョオ、ネコマタギ、イタイタなど地方名の由来も、銀色に光ること・小骨が多くて可食部が少なく「ネコも嫌がる」こと・体型が木の葉形で周囲に棘がありヒイラギの葉に似ること・発音することなど、さまざまな説が存在しています。

鳥取ではエノハ(榎の葉)と呼ばれていますが、九州の一部ではエノハといえば淡水魚ヤマメを指す地域もあるので、注意が必要です。

シマヒイラギとの区別

シマヒイラギと区別する際、体側の横帯は不明瞭な個体もいますで、背鰭棘が伸びるか伸びないかの形質で区別することができます。非常に重要となってきますので、覚えておきましょう!

釣り方

ヒイラギは夏場が産卵期ですので、キスの投げ釣りで良く釣れますので堤防からのチョイ投げで釣れます。

仕掛けも市販の投げ釣り(キス仕掛け)で針も流線やキス針で、餌も青イソやジャリメ(イシゴカイ)が釣りやすいです。

美味しい食べ方

味噌汁やすまし汁に入れたり小型の魚は唐揚げにしてサクサク骨ごと食べたりもぢきる魚です!その他は一夜干し、お刺身など。いろいろな料理方法があります.

ヒイラギの一夜干し

一夜干しは下処理済のヒイラギを海水程度の塩水に30分~1時間位漬け込み、キッチンペーーパーで水気をシッカリとった後、「 ピチット一夜干しシート 」というグッズにはさんで冷蔵庫に一晩でOK!


ヒイラギの身は簡単に取れる食べやすい白身、そしてもっちりとした食感でとっても美味しいですよ。ということで、今回は【ヒイラギとナスんぼ南蛮漬け】の紹介をします。

ヒイラギとナスの南蛮漬け 

材  料

4 人 分

  • ヒイラギ(白身の魚)  

12、3センチくらいの小さな物

10匹~20匹くらい

  • 野  菜

     

ナ ス    4 本

  • 南 蛮 酢   

すし酢    1/2カップ

麺つゆ    100ml(今回は、3倍濃縮のものを使っています。)

”麺つゆ”が、無ければ

醤油、みりん 各 1/3カップ  

砂 糖     大さじ 1/2

水        1カップ

  

赤唐辛子 1~2本(粗めに切っておいても、そのままでもOK。)

”赤唐辛子”が、無ければ

七味唐辛子(又は、一味唐辛子)  適 量

お好みで、ごま油 大さじ 1/2

酢の量を はじめ、その他の調味料は、

お好みで調整して下さい。

  • その他

片栗粉   塩コショウ   揚げ油   各 適 量

作  り  方

 

  • ナ ス を 切 ります。

食べやすい大きさに切り、表面に切り込みを

入れておきます。(ナスは、何も付けず、油で揚げるもので素揚げにします)

      

表面に切り込みを 入れると、全体に 火が通り

やすくなります。

  • 南 蛮 酢 作 り

バットなどの容器に南蛮酢の材料を 入れて混ぜ合わせます。

  • 魚 をさ ば く

① ヒイラギは、ほとんど、ウロコはありませんが、他の魚を使う場合は

尾から頭にかけて ”ウロコ”を取ります。

② えら”と”内臓”を 取り出します。

(見栄えをよくするため、頭を残しておきます)

えら”を取るのが面倒な場合は、頭ごと切り取ります。

『包丁を 使うのが面倒~。という時は”キッチンばさみ”(裏技として)で、”えら”の下に三角に切り込みを入れて”内臓”と”えら”を 取り除きます。

③ 流水で きれいに洗い流し キッチンペーパー等でしっかりと、水気をふき取ります。

  • 油 で 揚 げ て 南 蛮 酢 に 漬 け る

 

① 魚の両面に、軽く、塩 コショウを全体的にふりかけます。

塩 コショウ無しでもOKなので、お好みで使用しなくてもいいかと思います。

      

② 魚に まんべんなく片栗粉を まぶして余分な粉は、払っておきます。   

③ 揚げ油を 中温(約170℃)に熱して、ナス(野菜)を 揚げます。

ポイントは、軽く揚げ色が付けばOKです。

油をよく切り、熱いうちに、南蛮酢に漬ける。

※先に、ナス(野菜)を揚げておいた方が、魚の生臭さが

  気にならない と思います。

④ 魚を揚げげます。しばらく、何もせず、そのままの状態で揚げて、 表面が固まってきたら、時々箸で、表、裏を返す。 5~6分位、じっくり揚げていきます。魚が カラッと揚がったら、油を よく切り 熱いうちに

南蛮酢に漬ける。

⑤ 身を壊さないように、時々、表 裏を返して30分~1時間くらい漬ける。

時間があれば、半日~1日漬けておけば、一層、味が馴染み、頭から、骨ごと食べられます。

まとめ

今回は、釣り人を困らせる魚で猫にまで嫌われてしまう【ヒイラギ】を紹介しましたが、如何だったでしょうか?意外と下処理も簡単にできる魚ですので、是非、料理してみて下さい。

スポンサーリンク