魚のあれこれ知識&ヒメダイ

沖釣りなどで釣れる【ヒメダイ】ですが、皆さんは【ヒメダイ】について詳しい情報を知りたい!と思ったことはありますか?

もっと特徴とか、釣り方や美味しい料理方法などが知りたい!と思ったことはありませんか?

そんな方に、今回はヒメダイについての特徴や料理方法を紹介していきたいと思います。

出典:ズカンドットコム

ヒメダイの特徴

ヒメダイはスズキ目フエダイ科に属する魚。大きさは50センチ程度、細長くくすんだ黄色の目をしており、体高は低く細長いのが特徴でです。

東京や鹿児島、沖縄に多く、古くから上質な白身魚として認知されています。ヒメダイは成魚で40~50cm程の魚で、尾びれが綺麗なV字型に二叉していて、体形は細長い紡錘形をいます。

最後尾と背ビレと尻ビレの軟条が長く伸びているのが大きな特徴です。

主に背側がボルドーに近い赤紫で、腹は薄いピンクをしており、エラの外側から尾の付け根まではっきりとした側線が見られます。ヒメダイの体色は色が濃いものからやや薄いものまで多少個体差があります。

別名はチビキモドキ!

ヒメダイは、地方によってさまざな呼び名がある魚。

関東や伊豆、小笠原ではオゴダイ。八丈島ではコマス。

沖縄ではグルクンマチとも呼ばれています。それ以外にもアカキタイ、アカサバ、マルダイ、メダイなど、一般的に食用魚として有名なタイ、サバに擬えた由来が多くあります。

釣りの対象魚としても人気があります。地方により、「オゴダイ」や「チビキ」「チイキ」とも呼ばれています。

沖縄での呼び名はクルキンマチ

ヒメダイは南方系の魚で、沖縄では比較的よく獲れる魚で、「クルキンマチ」と呼ばれています。沖縄ではよくフエダイ科の魚に「~マチ」という名称が付けられています。ハマダイも「アカマチ」と呼ばれています。沢山の呼び名がありすぎて、覚えきれないかもしれないです。

釣り方・仕掛け

深場での沖釣りでアオダイなどと一緒に釣れ、若魚は磯釣りの仕掛けにもハリがかりすることがあります。

釣りスポット

磯・沖つりがメインの釣り方になります。

日本では本州中部以南に生息しています。

水深100~200mの岩礁帯に多く見られ、小魚や小型甲殻類などを主に食べています。

ハマダイとヒメダイとの違い

「ハマダイ」で、ヒメダイとよく似ていると言われることがあります。

この両者の違いは明確で、まず体色が全然違います。顔は似ているものの、ハマダイは鮮やかな赤色をしています。

また、ハマダイは尾が非常に長く、別名は「オナガ」となっています。サイズも違いがあり、ヒメダイは大きくても50㎝程度の魚ですが、ハマダイは最大で120㎝ほどまで成長する大きな魚です。

旬は春から初夏

年間を通じてあまり味が落ちないのが特徴です。あえていうと、旬は地域によって違うかも知れません。

鱗は小さくて取りやすいのが特徴です。皮はやや硬くて強く、骨は硬いです。

透明感のある白身で血合いは薄くて広いです。熱を通しても縮まないのも特徴と言えるでしょう。。

ヒメダイの料理のポイント

非常に上質の白身で夏を通しても硬く締まらない特徴を持っています。

甘みを感じるだけでなく、ほんのりした味わいで刺身にしても美味しいです。皮はやや硬いが皮を生かしてもいいですね。

皮に厚みがあり硬いです。塩焼きにもソテーしても美味しいです。

頭部などからうま味豊かなだしが出るので汁にしてもいいですし、またあら煮も美味です。身の部分はしょうゆ味の煮物もオススメですが、さっぱりとした塩主体の味つけのほうが更に味を引き立て美味しく頂けるでしょう。

簡単10分:ヒメダイのアクアパッツァ

簡単なのにアサリとタコの味が滲み出て美味しい!贅沢に頂きました!

材料 (2人分)

ヒメダイ 1匹

アサリ 1パック

たこ 1パック

玉ねぎ 1/4こ個

しめじ 1パック

ミニトマト お好みの個数

ブロッコリー 適当

ニンニクチューブ 大さじ2

オリーブオイル 大さじ2

塩 1つまみ

コショウ 適当

酒 100ccくらい

作り方

1 フライパンにオリーブオイル、ニンニクチューブを入れ、香りがたったらみじん切りにした玉ねぎを炒める

2 タジン鍋にオリーブオイルとニンニクチューブを入れ香りをたたせる

3 炒めておいた玉ねぎを入れ、鯛を中火で両面軽く焼く

4 その他の材料をタジン鍋に投入し、5分ほど中火で煮立たせ、アサリが開いたら完成!

コツ・ポイント

適当に入れましょう。アバウトな気持ちも隠し味になるはず♪

このレシピの生い立ち

奇跡が起こり、ヒメダイが釣れたので!

まとめ

今回は、ヒメダイについて紹介しましたが、どうでしたか?

私はヒメダイの呼び名に地域によって様々な呼び名があり、料理方法で様々な方向の食べ方があることに驚きました。

皆さんの地域では…どんな料理で召し上がっているのか、それも気になります。

スポンサーリンク