釣りすぎ注意!まるでゲームのように釣れる!?カサゴの釣り方とレシピ紹介

今回は「カサゴ」という魚の生態や釣り方・料理法をご紹介したいと思います!
カサゴはロックフィッシュという種類に分類される魚。
そしてロックフィッシュとは
「メバル、アイナメ、ソイ類などの根を棲み家にする魚の総称」
のことを指します。
あまり泳ぎ回ることがなく家から出ることが少ない…
ちょっと根暗なカサゴちゃんの底知れない魅力を解説していきます!
あなたも楽しめること間違いなし!

カサゴのルックス

最大で全長30 cm、体重2.8 kg。
ノーマルなカサゴですと赤色から褐色地に不規則な形状の薄色斑が見られますが、
生息環境や個体により違いが出てくるので、
一概に「カサゴの見た目はこういう感じ」と決められません。
例えばですが
浅い所に棲むカサゴは岩や海藻の色に合わせた褐色をしているのに対し、
深い所に棲むカサゴは鮮やかな赤色をしています。

青い海の中(赤色光の吸収と残留青色光の拡散が起こっている)では、
赤色系の体色は環境の青色光と相殺されて地味な灰色に見えるため、
これは保護色として機能していると考えられます。
簡単に言うと、赤い光は海の深い所まで届かないので、
赤い色をしたカサゴは敵や獲物から見つかりにくい特徴があります。

これは深海における適応の一つで、実際、深海生物には真っ赤な体色のものが多数いるんです。

カサゴ釣りは、まるでゲームのよう

カサゴは根魚の一種で、ガシラアラカブなど、地域ごとに呼び名が異なる魚。
岸へ産卵のために集まってくる冬~春の時期にテトラ帯や磯などで良く釣られます。

餌釣りだけでなく、ワームなどを使っても楽しむことも可能。

日本では釣りの対象魚としてなじみ深く、
根がかりに注意すれば穴釣り仕掛けで、防波堤や岩場からも簡単に釣れるターゲットなんです!
カサゴが活発になるのは夜。動くものに襲いかかるため、
釣り餌も生きたスジエビ、イソメ、イカの切り身、小魚などが使われます。

船釣りの対象魚としても人気があり、東京湾・相模湾ではサバの切り身を餌にした胴突き仕掛けで手軽に釣れます。
また、最近ではソフトルアーを使ったルアーフィッシングの好対象魚。
比較的容易に釣れることから「ロックフィッシュゲームと称され人気急上昇中!
これからも目が離せないですね!

カサゴは遊泳性が低く移動が活発でない魚です。
あるエリアでいったん釣られると余所からの流入による個体数回復が進みにくく、
“釣られ尽くし”の状態が起きやすいです。
これは釣り人の集中する都市近郊で特に顕著であり、
同じ傾向を持つ魚であるクロソイ、ムラソイ等と共に各漁協、公益法人、地方自治体等による
種苗養殖及び放流が行われています!

食材としてのカサゴ

カサゴは和・洋ともにさまざまな料理が可能。
身は締まりがよく脂がのっていて非常においしい魚なんです!

和食では鍋料理・潮汁・味噌汁といった汁もの、刺身や握り寿司や
煮付け・塩焼きとしても好まれています。
洋食であればブイヤベースやアクアパッツァなどが代表的な料理方法。

小振りであれば唐揚げとしても調理することができます!

(見た目は怖いですが味は最高です!笑)

(やっぱり怖い…笑)

カサゴが特に美味しい時期は、ショア(岸)から狙いやすい季節と同じ冬~春。
身が少ないため、アラ汁や味噌汁にしたり二度揚げの唐揚げにしたりするのがオススメ!
また、
鍋や煮物にしても旨味がしっかりと出て最高です。

そこで、今回は洋食の【カサゴのパエリア】と和食の【カサゴの味噌汁】を紹介していきたと思います。

丸ごとカサゴのパエリア風炊き込みご飯 レシピ

材 料(3~4人分)

  • エビ・イカ・あさり等のシーフード 適量
  • カサゴ(あらかぶ)1匹
  • オリーブ油 大さじ2
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんにく 1かけ
  • お米 2合
  • スープ(固形スープを溶かしたもの)2カップ
  • カレー粉 小さじ1
  • ローリエ 1枚
  • ミニトマト 1/2パック
  • いんげん 1/2袋

カサゴ丸ごと一匹を乗せた、パエリア風炊き込みご飯。
黄色はサフランではなく、カレー粉です。土鍋で簡単に作れます!

作り方

1 カサゴはエラと内臓を取り良く洗って、塩を全体的に振っておきます。
その他のシーフードも塩でもみ洗いしておきましょう。

2 土鍋にニンニク、玉ねぎのみじん切りを入れ、オリーブ油で炒めます。
米を洗わずに入れ、油が回るまで炒めます。

3 スープ、カレー粉、ローリエを入れ、シーフード、ミニトマト、いんげんをバランス良く乗せていきます。
真ん中にカサゴを乗せて、蓋をする。ここまでの流れまで強火のままで調理していきます。

4 沸騰したら(穴から煙が出てくるのが目安です)ここで弱火にして10分おきます。
火を止めて12分蒸らしたら完成です!

カサゴでも良いですが、白身系の魚でも同じ要領で作れますよ!

おいしいだしが出るカサゴのお味噌汁 レシピ

材 料(2人分)

  • カサゴ(アラカブ)小1匹
  • 水 600ml
  • ほんだし 小さじ2杯
  • 味噌 大さじ3杯
  • ゆずの皮 少々
  • ねぎ 少々

カサゴは魚くささが少ないので下茹でなしで使用するので短時間でできます。

作り方

1 お湯をぐらぐら沸かし、ほんだしを入れカサゴをそっと入れます。
   このまま5分煮ていきます。火を止めて味噌を入れて溶かします。

2 ゆずの皮は細い千切りにします。ねぎは小口切りです。

3 お椀に盛り、ねぎとゆずの皮を上にあしらったら完成!

カサゴを入れるときは必ずお湯はぐらぐら煮立ててください
ゆずの皮が無い時はゆず胡椒でも大丈夫です。

まとめ

いかがでしたでしょうか!
この記事ではカサゴのこんなところを紹介しました

・住んでいる海の深さの環境などで体色や見た目が全然違う
・カサゴ釣りは「ロックフィッシュゲーム」と称され、比較的簡単に釣ることが可能
・和、洋ともにさまざまな料理が可能
・カサゴおすすめレシピ

あなたもぜひカサゴを釣りあげておいしい料理を作ってみてください!

スポンサーリンク