メバルの朴葉味噌(ほうばみそ)焼きレシピ

今回は【メバルの朴葉味噌(ほうばみそ)焼きレシピを紹介します!

ちょっと難しそうに思える料理方法に思えますが、何事もトライして【女子力】【男子力】をあげていきましょう。


朴葉味噌とは?

出典:コトバンク

朴葉味噌(ほおばみそ)とは飛騨(現在の岐阜県北部)高山地方の郷土料理の名称です。

自家製の味噌にネギなどの薬味、椎茸などの山菜・茸をからめたものを朴の葉に載せて焼き、ご飯や魚、肉などに載せて食べる味噌のことをいいます。

それでは、始めていきましょう!

メバルの朴葉味噌(ほうばみそ)焼きレシピ

 メバルはとても上質な白身で、皮が柔らかく炭火で炙ると香ばしい特徴があります。
七輪で皮を焼き上げて、熱々の
朴葉味噌に絡めながら食べる。
ちょっと雰囲気のある和食簡単七輪レシピです。(読んでいるだけで…グラッときますね)

材料

材料(2人分)

分量(目安)

メバル

2匹

朴葉味噌

1枚

山椒

適量

 

作り方

  1. 釣ったメバルはうろこを剥がし、ワタを抜き、エラを除いて下処理します。
  2. 3枚におろします。
  3. ポイントとして、もし、自分で魚をさばけない…とい時は、近くにいる方に頼んじゃいましょう!無理して自分でさばいて、魚の身がボロボロになっては、魚も可哀そうですからね。
  4. 身を一口大に切ります。簡単に切れるので安心して下さい。七輪の中火で焼いていきます。ポイントとして皮をぱりっと焼き上げるのがコツです。
  5. 弱火にして、網の上にアルミホイル→朴葉の順に敷き、合わせ味噌に粉山椒を加えたものをのせます。
  6. 味噌がちりちりと焼け始めたらメバルの身を入れて、たっぷり味噌をすくいながら頂く。

 まとめ

磯の香りが強い魚だから焼いた味噌の香ばしさと相性が良いのです。

シイタケと長葱の刻んだものなど、どんどん自分の好みの具を試して楽しんじゃいましょう。自分オリジナルを作るのも楽しむポイントですから。

メバルがとれる大分津久見市の釣りスポットの紹介はこちら♪

スポンサーリンク