魚のあれこれ知識&メジナ

防波堤などで釣れる【メジナ】ですが、皆さんは【メジナ】について詳しい情報を知りたい!と思ったことはありますか?

もっと特徴とか、釣り方や美味しい料理方法などが知りたい!と思ったことはありませんか?

そんな方に、今回はメジナについての特徴や料理方法を紹介していきたいと思います。

「メジナ」の画像検索結果
出典:ウィキペディア

形態・特徴

メジナの仲間はイスズミの仲間と比べると背鰭棘数が多いことで知られとぇいますが、両顎の外側の列の歯は3尖頭であるなどで区別できるものの、この2つのグループを同科とする考えもあると考えられます。

よく、鰓蓋後縁が黒いのはクロメジナとされていますが、メジナにも鰓蓋後縁が黒いものがいるますので注意しましょう。

体色は暗色~暗緑色をしていますが、体色や体型などには若干の変異があります。

成長すると大体、体長45cm近くになります。

メジナの生態

メジナは北海道辺りから南の日本海沿岸、房総半島辺りから南の太平洋沿岸、台湾辺りまでの東シナ海沿岸に分布しています。

産卵期は2月頃から6月頃にかけてとみられ、幼魚や若魚は漁港の波止などに群れていることも多いです。

成魚は比較的浅い海の岩礁帯に生息し、水温が高い夏場は小エビなどの甲殻類や多毛類といった動物を捕食すしますが、水温が下がる冬場は海苔などの海藻を食べるようになります。

主な釣り方

クロダイと双璧をなす磯釣りの人気魚種。
寄せエサを用いたウキフカセ釣りでねらう釣り方が主な釣り方です。

ですが、地方によっては面白い釣り方もあります。その1つが 静岡県で行われている釣り方で、ミカンをエサに釣る。
これを「ミカンクシロ」とも言います。
手頃な防波堤(波止)から簡単に釣れることもありますが、大物は離れ磯や、沖堤防まで出かけないと釣れないのが難点です。

餌としてオススメなのが、冬はハバノリや海草類、年間を通して使うならオキアミです。

2種類のメジナ

クロメジナ G. leonina (Richardson,1846)

成魚は全長70cm程度。鰓蓋の縁が黒いことや、鱗に黒斑がないこと、尾鰭が長くはっきりと二叉し、上下先端が尖ることでメジナと区別できる。

相模湾以南の太平洋岸と東シナ海沿岸に分布し、メジナよりも南方系の分布を示す。東日本でオナガメジナ、オナガ、西日本でチャグレ、オナガグレ、オナガグロ、沖縄でクルシチューなどと呼ばれ、メジナと同様に釣りの対象魚として人気が高い魚です。地域によって名前が変わるんですね。

しかし同じサイズでもクロメジナの方が引きが強いのも特徴です。また、近海回遊魚ですが、磯に居着く物も多く、その個体は回遊している物より大きいことが多いです。

また、色も茶色、黄色、青色、紫色がかった個体など、様々な色をしている事にも特徴の一つと言えるでしょう。

オキナメジナ G. mezina Jordan et Starks,1907

成魚は全長45cmほど。上唇が厚く、若魚では胴体に一本の黄色横帯が入る点でメジナやクロメジナと区別しやすいです。

房総半島以南の太平洋岸と東シナ海に分布する。琉球列島では本種が多く、メジナとクロメジナは少ない傾向があります。

奄美大島でシチ、沖縄本島でシチュー、伊豆半島ではスカエース、紀州ではウシグレとも呼ばれています。こちらも地域によって名前が変化する魚なんですね。

美味しい食べ方

魚屋ではほとんど見かけない魚でありますが、実は簡単料理で美味しく頂ける魚で知られているんですよ。
特に寒い時期のものは臭みもなく、刺身や塩焼きに最適なんです。ムニエル、ポワレなどにも合う料理のレパートリーが多い魚でもあります。

ただし夏場や港湾部で釣ったものは臭みが気になることもあるので注意が必要です。そこで今回は、フライパンで簡単に【煮つけ】ができるレシピを紹介していきます。

メジナの煮つけ

材 料(2~3人分)

  • メジナ(下処理済み)
  • 切り身 3枚
  • 砂糖 大さじ2
  • 醤油  大さじ3
  • みりん 大さじ3
  • 酒 大さじ3
  • おろし生姜 チューブ 15cm

作り方

1 フライパンに★を入れて軽く混ぜ、中火で加熱すます

2 沸騰したら、メジナを投入します

3 再び沸騰したら、落し蓋と蓋をし、弱火にして10分ほど煮る

まとめ

今回は、あまり知られていないようで、意外に知られている【メジナ】についてっ紹介しましたが、」如何だったでしょうか?

わたしが、驚いたのは…静岡県で行われている【ミカンクシロ】とい釣り方があることに、本当に?と思うほどでした。もし、良かったら皆さんも試しては如何でしょうか?

スポンサーリンク