魚のあれこれ知識&クロムツ

店頭で良く並んでいる【クロムツ】ですが、皆さんは【クロムツ】について詳しい情報を知りたい!と思ったことはありますか?

もっと魚に関して特徴とか、美味しい料理方法が知りたい!と思ったことはありませんか?

そんな方に、今回はクロムツについての特徴や料理方法を紹介していきたいと思います。

出典:市場魚貝類図鑑 ぼうずコンニャク

特徴

同属のムツとよく似ていますが、体色は黒っぽい魚です。生活史などで分かっていない部分も多い不思議な魚の1種。

鋭基本情報
 ムツと外見が似ていますが、より高価に取引される高級魚として有名です。

脂がたっぷりと乗って、白身肉は濃厚な旨みと甘みを持っています。

入荷量は多くはないが、新鮮なものが手に入ったら、刺身で賞味したい魚。柔らかい皮をあぶった刺身は、身肉全体に散在した脂が口の中でねっとりととろけるような味わいを持っています。

煮つけや漬け焼き、鍋物にしても良い。い歯を持つ魚で、幼魚は陸っぱりのルアーフィッシングなどでも釣れれます。

ムツと外見が似ているが、より高価に取引される高級魚。脂がたっぷりと乗って、白身肉は濃厚な旨みと甘みを持っています。

入荷量は多くはないですが、新鮮なものが手に入ったら、刺身で賞味したい魚です。

柔らかい皮をあぶった刺身は、身肉全体に散在した脂が口の中でねっとりととろけるような味わいを持っています。煮つけや漬け焼き、鍋物にしても良いですね。産地では「ムツコ」と呼ばれる卵を煮つけにして食べられています。

大きさ

大きなものは1mを超える。

釣期

通年。食べて美味しいとされるのは冬。

棲んでいる場所

小型は港内などにもいるが、30cm以上のものは水深200m以深の岩礁帯。

生活史

産卵は3~5月。体長30cmを超えるくらいになると、水深200m以深の岩礁帯へ移動します。幼魚は港や岸近くの岩礁帯で群れをつくる習性があります。

主な釣り方

一般的には沖釣りのターゲット。中深場の釣りもので、キンメダイなどと一緒にねらうことも多い。い歯を持つ魚で、幼魚は陸っぱりのルアーフィッシングなどでも釣れる。その場合はルアーフィッシングでねらう人が多いです。

美味しい食べ方

脂がよく乗った魚で刺身、鍋物なども人気。高級魚とされており、煮つけや漬け焼き、鍋物にしても良いです。

ムツと外見が似ているが、より高価に取引される高級魚。脂がたっぷりと乗って、白身肉は濃厚な旨みと甘みを持っています。

入荷量は多くはないが、新鮮なものが手に入ったら、刺身で賞味したい魚です。

柔らかい皮をあぶった刺身は、身肉全体に散在した脂が口の中でねっとりととろけるような味わいを持っています。

煮つけや漬け焼き、鍋物にしても良いでしょう。産地では「ムツコ」と呼ばれる卵を煮つけにして食べる郷土料理として愛されています。

白身ながら濃厚な旨味で、身肉全体に脂がたっぷりと乗っているので、口の中でとろける味わいが絶品。皮は柔らかい。タタキのように皮の部分をあぶった刺身は最高の味わいです。

身肉はしっとりとして、ほど良く繊維質にほぐれるので、煮つけや漬け焼きにしても良いです。

鍋物にしても非常に美味しいです。贅沢だが、ムニエルやフライ、唐揚げにしても良いと思います。

晩秋から冬にかけて旬の最盛期を迎える。体表が黒光りしているもの、触って張りのあるものを選ぶと良いでしょう。

30cm前後の若魚は脂が少なく、大きなものほど味が良いとされてります。栄養価はムツと同じと考えられています。

脂肪が多いため、DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸に富んでいます。またカリウムを多く含有しています。という事で今回は、少々贅沢な調理方法で【クロムツの酒香焼き】を紹介していきたいと思います。

酒の肴に持ってこい!クロムツの”酒香焼き” 

材 料(3人分)

  • クロムツ
  • 1匹
  • 酒粕
  • 1kg
  • 砂糖
  • 100g
  • みりん
  • 150cc
  • ダイコンおろし
  • 適宜
  • レモン
  • 適宜

焼くと酒の香りがしてきます。

味噌漬けがご飯のおかずなら、こちらは酒の肴に良く似合う1品。

酒粕を水で溶いた粕床に1~2日漬けておくだけで、作り方は味噌漬けとほぼ同じです。

作り方

  • 1酒粕、砂糖、みりんをよく混ぜ合わせ粕床を作り、クロムツの切り身を1~2日漬け込みます。
  • 2余分な酒粕を取りそのまま焼くだけです。

はい、出来上がり♪

きっかけ

西京漬けも美味しいですが、酒粕に漬け込んでも美味しい。これを焼くと酒香焼きというんです。

酒の香りがほのかにして、ご飯のおかずというよりも酒の肴に持ってこいの料理です。

おいしくなるコツ

余分な酒粕を手で取りそのまま焼くだけです。味噌漬けと同様にこちらも保存食になり重宝します。

味噌焼きもそうですが、酒粕が焦げやすいので注意しながらじっくりと焼けば美味しく仕上がります。

まとめ

今回は【クロムツ】の特徴と簡単レシピを紹介しましたが、如何でしたでしょうか?

ムツにも、似た種類があることが分かり高級魚であることが分かりました。そして、料理方法で味や香りさえも変わる不思議な魚なんですね。今度、釣ってみた魚ですね!

スポンサーリンク