魚のあれこれ知識&オジサン

沖釣りなどで釣れる【オジサン】ですが、皆さんは【オジサン】について詳しい情報を知りたい!と思ったことはありますか?

もっと特徴とか、釣り方や美味しい料理方法などが知りたい!と思ったことはありませんか?

そんな方に、今回はオジサンについての特徴や料理方法を紹介していきたいと思います。


出典:macaroni

特徴

体長は25cm。大きいものでは35cmほどにもなります。

体色は赤から紫の地色に複数の暗色および明色横帯が入り、頭部には目を通る暗色の縦縞が1本はいっています。

また、第2背びれ基底に暗褐色の斑があり、甲殻類、軟体動物、有孔虫、幼魚などを捕食します。

おじさんの名前の由来

おじさんがこの魚のれっきとした正式名称だという事は分かりましたが、一体なぜこのような名前になったのでしょうか?

おじさんという正式名称になった由来は、その外観からだといわれています。

おじさんは2本の長いひげを持ち、この様がまるでおじさんのようだということでこの正式名称になったようです。

このおじさんと呼ばれる原因になったひげにはきちんとした役割があり、海底で餌を探す時はそのひげを動かし、小動物を探し出して食べることが出来るのです。

そして、このひげは舌の役割も果たしており、味を感じることも出来る様です。

舌に当たる器官が口の外にあるとは驚きですが、おじさんのひげは餌を探し出したり、味覚を感じたりと食事に役立つ機能を持ったものでした。

凄い機能を持つ髭…!

「ババア」や「オバサン」もいる!

変わった名前の魚はオジサンだけではなく、中には「ババア」や「オバサン」と呼ばれる魚も存在します。

なんだかもっと魚を連想しづらい名前ですが、こちらは標準名ではなく俗称に近く、地元では通じるけど県外の人には殆ど通じない、知ってる人は知っていると言うマニアックな呼び名で、知っていると物知りになれる呼称です。

オバサン

まず「オバサン」と呼ばれる魚とは、ヨシキリザメの事です。

主にフカヒレやカマボコの材料にされるサメの仲間で、千葉県ではこのヨシキリザメのことを「オバサン」と呼んでいます。

その名の由来は「顔がオバサンっぽいから」とされており、いつから呼ばれるようになったかは知られておらず、たくさん水揚げされるうちに、漁師が俗称として呼ぶようになったものが、そのまま千葉県全土に広まったと言う説が有力です。

少々…心が痛いです。

ババア

そして「ババア」と呼ばれる魚とは、深海魚タナカゲンゲの事。

島根県や鳥取県では「顔がおばあさんに似ている」という事からババ、ババアと呼ばれています。

最近はババアではなく、ちゃんを付け「ババチャン」と呼ぶことが多く、中国地方ではタナカゲンゲと呼ぶより「ババアと言う魚」で通じることの方が多いとされています。

何にせよ、ユニークな名前を持つ魚はオジサンだけではない、と言う訳ですね。それにしても、オバサンやババアとい魚がいれうのなら、いっその事、魚にイケメンやギャルなんかの名前も付けて欲しいものです。

釣り方

オジサン専用タックルは必要ありません。投げ釣りで使用するタックルであれば一般的なもので大丈夫です。

底に向かって泳いでいくオジサンの習性を利用し、底物狙いの泳がせ釣りでお馴染みのライブベイトとなっています。

根がかりの少ない場所では1.5から2号の1メートル前後のハリスを使用しますが、根がかりの多い場所ではハリスを短くして1本バリにしましょう。

エサはイソメや貝の剥き身を使用します。

オジサン専用のタックルはなく、シーバスロッドやエギングロッドでも十分オジサン釣りを楽しむことができます。

使用するルアーはフローティングミノーやスプーンなどで、ボート釣りではメタルジグを使ったジギングも楽しめます。

旨み広がるおじさんの刺身は逸品!

おじさんという名前からは少し信じられないですが、実はおじさんという魚の刺身はとても美味しいのです。

おじさんという魚は皮にも身にも甘みが十分にあるので、刺身にすると旨味が広がって美味しく食べることが出来ます。

皮が付いている刺身はあまり好きではない、という方も是非一度は皮ごと味わってみてください。皮にもしっかりと甘みが詰まっていますよ。

旨味も十分にあり、滋味豊かな味がします。皮も旨味が詰まっている魚なので、刺身だけでなく皮霜造りや焼霜造りという食べ方にするとこの特徴を活かして美味しく食べることが出来ます。という事で、今回はシンプルに刺身を紹介していきます。

松皮造り

皮霜造りは皮の見た目から、松皮造りとも呼ばれます。

どのような料理なのか見てみましょう。

1)まず、おじさんを乗せたまな板を斜めに立てかけ、熱湯をかけます。この時、温度が低いお湯ではあまり効果が無いので熱湯をかけるようにしましょう。

2)熱湯をかける時にさらしをかけると、熱の通り過ぎを防ぐことが出来ます。

3)熱湯をかけたら氷水で素早く冷まし、水気を十分にふき取りましょう。水気が取れたら食べやすい大きさに切って完成です。

ポイントとして、トーチバーバーがあれば焼霜造りという食べ方もおすすめします!お湯をかける代わりにバーナーで皮目を焼き、香ばしさを楽しめる食べ方です。

まとめ

今回は、面白い名前の魚の【オジサン】を紹介しましたが楽しんで頂けましたでしょうか?

まさか、オジサンの他にも【オバサン】や【ババア】という魚が存在していたことには、私も驚き大笑いしちゃいました。

私も…オバサン辺りですが、新鮮なうちに召し上がって頂ければ、美味しいはず!では、失礼します。

スポンサーリンク