魚のあれこれ知識&サッパ

沖釣りなどで釣れる【サッパ】ですが、皆さんは【サッパ】について詳しい情報を知りたい!と思ったことはありますか?

もっと特徴とか、釣り方や美味しい料理方法などが知りたい!と思ったことはありませんか?

そんな方に、今回はサッパについての特徴や料理方法を紹介していきたいと思います。

特徴

体は著しく側偏して特に腹は薄く、腹縁には稜鱗という中央部が鋭角に曲がった鱗が並びます。

体側は銀白色に輝き、背面は暗青緑色をしています。

腹ビレは8軟条で、臀ビレの最後の2軟条は伸長しています。

ニシンの仲間で属するサッパは、河汽水域に生息しているお魚です。

汽水域とは口など淡水と海水がまじりあう水域の事です。

名前の由来

サッパという名前の由来はいつくかありますが、まずは体が笹の葉のような小舟形をしているため、日本全国の漁村で小舟のことを「さっぱ」と呼んでいたことに由来して、サッパと呼ぶようなった。

という説と、味が淡白でさっぱりとしているから「サッパ」と呼ばれたという説などがあります。

サッパは、うろこがしっかりと張り付いており、固く落ちにくいという点と小骨が多いため食べるときは工夫が必要という点もサッパ特有の特徴です。

また体長の大きさは10~20cmほどで背は青緑、体は腹にかけて美しく輝く銀色をした魚です。味わいは淡白でサッパリとしています。サッパだけに?

また体形も、とても平べったい形が特徴で、体高があるのも特徴的です。

主な釣り方

関東では釣れても粗末に扱われることが多いのですが、堤防釣りの人気ターゲットのサッパ。

初心者でもサビキ釣りで数釣りが楽しめます。
アミをハリにこすりつけるスピード仕掛けでは寄せエサを撒かなくても釣れます。

アミなどの寄せエサを撒いて寄せるのが一般的な釣りの方法です。

サッパはサビキ釣りで狙うべし!

サッパや釣りの初心者やファミリーにもおすすめの防波堤や公園で気軽に楽しめる「サキビ釣り」でおなじみのターゲットです。

3月から11月にかけて長いシーズンで狙えることができるので、初心者でも比較的簡単に釣ることができるのが特徴で、アジやイワシなど群れで回遊している魚がターゲットで、サッパも同じターゲットとして初心者でも比較的に簡単に釣ることができるのが特徴です。

餌までついたサキビ釣り完全セットという必見の品が、釣り屋さんに行くと販売されているので、はじめて釣りに挑戦する方や初心者の方は、こうしたグッズを利用する事をオススメします。

美味しい食べ方

酢締めが定番ですが、塩焼きやから揚げも美味しいです。ただし、内湾に定住しているので、釣れた場所によっては油臭さが気になることがあります。

砂利底に生息しているサッパは、磯の臭みが気になるという方が多く、また小骨が多く、ほかの魚に比べてうろこが固いので、調理が割と面倒な魚です。

しかし、ちゃんとした下処理をしてさばくと臭みがなくなり、さっぱりとした味わいが特徴のサッパを最大限に美味しくいただくことができます。

食べ方も酢漬けをはじめ、サラダ、南蛮漬けや唐揚げ、などさまざまに楽しめます。といことで今回は【サッパの南蛮づけ】を紹介します。

ままかり(サッパ)の南蛮漬け

材料 (四人分)

サッパ

20匹

酢、みりん

各100cc

砂糖

大1

鷹の爪、昆布

適量

玉ねぎ、人参

お好み量

小麦粉、揚げ油

適量

作り方

1ままかりは、しっぽの方からウロコをおとし頭を切り取り内臓を出して流水で、しっかり洗い落とします。野菜は細く切っておきます。⚫︎を混ぜておきます。

2キッチンペーパーで水分をしっかり押さえ水気を拭き取ります。小麦粉を漬け160度でしっかり揚げていきます。油を切って⚫︎に熱いうちに漬けます。

3一晩以上冷蔵庫で寝かして出来上がり‼︎

コツ・ポイント

魚は熱いうちに、漬けましょう‼︎

漬ければ漬けるほど、骨と野菜も柔らかくなります

まとめ

今回は、釣り人のは人気がない【サッパ】の紹介をしました。確かに、下処理が面倒なのは体験して分かりましたが、とても美味しい魚なんです!さっぱりとした味わいを楽しんでは如何でしょうか?サッパだけに。はい、この決まり文句…個人的に好きです♡

スポンサーリンク