【イワシの煮物】🐡自分が釣った魚で作る簡単レシピ🐡

ここでは、私が実際に釣った魚を気軽に作れる魚料理の紹介をしていきたいと思います。また、釣り仲間から頂いた魚なども含めて紹介していきます。

イワシ

今回のターゲットは…【イワシ】です!

良く水族館などでも良く目にする魚の一種ですね。イワシはニシン目カタクチイワシ科で【イワシ】は、いろいろな生き物の餌になることが多いです。

ウロコを落とし、敵の目を くらませるというものとして特徴があります。

しかし、ウロコをはがしたイワシは、傷ついて死んでしまいます。
そこで【魚へんに弱い】で【鰯】になったという説があります。

かつて日本の総漁獲量の3割を占めていたほどたくさん獲れ、安価な魚の代表でしたが、豊漁不漁の周期があり、数十年周期で増減を繰り返しています。

体が青く輝き、目が澄んでいれば新鮮。

イワシは日本中でとれるため、旬は地域と種類によって異なります。時期にはこだわらず、太って脂が乗っているものを選ぶといいです。

因みに日本人になじみの深い青魚の代表格の魚の1種です。美味しくて安くて体にいいと、三拍子揃った魚で、ヘルシーな食品としても脚光を浴びています。

千葉・九十九里浜では「イワシほど重宝なものはなかりけり 煮てよし 焼いてよし 生でよし」といわれるほどです。

カルシウムは魚の中でトップクラスです。

100グラムあたりで70ミリグラムもあり、これはアジの3倍、サバの8倍にあたります。またイワシの体の塩分濃度は1%くらいです。

塩分1%の氷水につけておくと、浸透圧のバランスが保たれる上、体から余分なエキスが出ません。さらに、くさみを抑える事ができます。

これは、ポイントですので覚えておきましょう!

イワシには食べても気にならない小骨が多くあり、その数なんと270本!!

これは、アジの5倍にもなるんですよ。

骨を身と一緒に食べる事から、より多くのカルシウムを吸収できるという訳なんです。

お子様のご飯のおかずとしても、重宝する魚といえるでしょう。

そこで、今回は簡単レシピと1つである【圧力鍋で作るイワシの煮物】を紹介します。

圧力鍋で骨まで食べれるイワシの煮物

材 料(2人分)

  • イワシ 8匹
  • ☆醤油 大2
  • ☆みりん 大2
  • ☆砂糖 大2
  • ☆酒 1/2カップ
  • 梅干し 1個

圧力鍋で骨まで柔らかいイワシの煮付けです☆サンマで作っても美味しい♪

作り方

1☆調味料を鍋に入れて一煮立ちさせる

2イワシは頭と内蔵を処理する

3梅干しとイワシを圧力鍋に入れて、加圧して15分程煮こむ

4蓋を開けて水分を飛ばすようにひと煮立ちさせる

5お皿に盛りつけて完成!!

きっかけ

イワシが沢山、釣れました!美味しいものには目がない我が家♪

やっぱり煮物が一番おいしそう☆しかも骨まで食べつくします!

おいしくなるコツ

梅干しを入れると臭みが取れます。ない場合は生姜でも代用できます♪普通のお鍋でも落し蓋をして煮こめば美味しくできますよ☆

出典:楽天レシピ

🐡まとめ🐡

今回は【イワシ】を紹介しましたが、如何だったでしょうか?意外と知られていない特徴や使用方法など、さらに魚の臭みを取る方法なんかも参考にして貰えると嬉しいです。

マルハ 月花いわし水煮 200g×24個

“特大のいわしが入っています。味が最高です。缶に身がぎゅうぎゅうに入っているというよりは、形が崩れないようにゆったりと詰められている感じです。”

出典:Amazon

スポンサーリンク