魚のあれこれ知識&シマアジ

店頭で良く並んでいる【シマアジ】ですが、皆さんは【シマアジ】について詳しい情報を知りたい!と思ったことはありますか?

もっと魚に関して特徴とか、美味しい料理方法が知りたい!と思ったことはありませんか?
そんな方に、今回はシマアジについての特徴や料理方法を紹介していきたいと思います。

出典:市場魚貝類図鑑 ぼうずコンニャク

特徴

体高があり、薄くて長い楕円形をしています。

背中が青緑で腹は銀白色をしています。
若いうちは体の中央に黄色の縦線が走っていますが、成長するにつれて消えていく特徴があります。

胸ビレの上に黒い斑点がひとつあり、尾の近くにゼンゴと呼ばれる硬いウロコが並んでいます。

ハリに掛かると強烈な引きを見せるが、唇が薄くて壊れやすいので取り込むのが難しいです
シマアジはスズキ目アジ科の大型の海水魚で、体形は体高が高く、平たい楕円形で、体色は背中は青緑色、腹は銀白色で、中央部には黄色い帯が走っています。

平均的なサイズは30~50センチ程度ですが、1メートルを超す個体も確認されており、関東では全長1メートルを越す大型のシマアジを「オオカミ」と呼んでいます。

釣期

沿岸の岩礁域から、水深200m前後までの底層に生息。

群れを作って生活し、甲殻類や小魚を食べる肉食性。時には砂を掘ってエサを捕まえることもある。日本近海での産卵期は12~3月ごろ。

生活史

群れを作って生活し、甲殻類や小魚を食べる肉食性。時には砂を掘ってエサを捕まえることもあります。

主な釣り方

沖釣りでは寄せエサカゴをセットした片テンビン仕掛けで、オキアミのエサやカブラ(ハリに魚皮をつけてもの)でねらうといいでしょう。

離島などでは、磯からオキアミやイワシの身エサでねらうこともできます。また、ルアー釣りも有効な釣り方です。

美味しい食べ方

アジのなかでも最高級の評価をもつ魚です。

刺身を筆頭に、塩焼き、ムニエルなど色々な食べ方があります。

シマアジの旬は夏から秋で、小型のシマアジは四季を通じで美味しいと言われています。ピンクがかった乳白色の身は適度な脂が乗り、上品でクセのない味わいです。

皮目に独特の風味があり、塩焼きではこれを味わうことができます。

青魚の旨みもあるので漬けにして丼などで食べるのもいいですし、アラも残さず煮つけにすると美味しく食べられます。

という事で、今回は少し変わった簡単レシピを紹介そていきます。

シマアジのお刺し身サラダ

うみ釣りでシマアジが釣れました。さて何にしようかな?タタキに、なめろう、翁和えや緑酢和えと色々なレシピを思いめぐらせ、辿り着いたのは…以前玉葱と一緒に酢油でマリネしたのが美味しかったことを思い出しました。

冷蔵庫に残っていた胡瓜やトマト、生若布も一緒にしてお刺し身サラダにすることにしました。シマアジはきつく塩を振り8分締めました。(塩の量と締める時間はお刺し身にした大きさによります。何回か試行錯誤で覚えていくのが一番だと思います。)氷水で塩を洗い流し、きっちりペーパータオルで水分を拭き取り、削ぎ切りにします。

スイートオニオンは薄くスライスして氷水に漬けてから絞ります。(氷水に漬けると透き通るようになります。)胡瓜の薄切り、塩を抜いた生若布、ミニトマトと一緒に混ぜていきます。

ドレッシングは塩胡椒、レモン汁、オリーブオイル、そして小量の醤油も加えて出来上がり♪

とても美味しく出来ました。

野菜たっぷりでバランスの良い食事になりました。そして、何よりどれも美味しくて完食!ご馳走様でした。

まとめ

今回は、【シマアジ】についてお話しましたが、如何だったでしょうか?私自身も知らないことが沢山あり、とても勉強になりました。

それに料理の幅が多いことにも気づきました。皆さん何か気付いたことがありましたら、教えて下さいね!

スポンサーリンク