大黒海づり施設で釣り!【神奈川】

桟橋タイプの海釣り公園で、横浜港に臨む場所に造られています。

常時混雑している【人気のスポット】であるため、アンダースローキャストのみが許可されている点や、イガイの使用が禁止されている点など、制限の多い海釣り公園ではありますが、ぜひ一度は行ってみたい【関東の海釣り公園】の1つです。

多くの小魚たちのエサとなる動物プランクトンが集まりやすく、海釣りに最適なスポットになっています。

桟橋全体にカケアガリが形成されており、足元から沖合に掛けて、水深が徐々に深くなっています。

出典:トリップアドバイザー

主な釣り方とターゲット

・サビキ釣り: アジ, イワシ, サバ, ショゴ, ワカシ, シマアジ, ウミタナゴなどが釣れます。

・ チョイ投げ釣り: カレイ, アイナメ, マダイ, シーバス, チヌなど

・ブラクリ釣り: カサゴ, メバル, ソイ, アイナメなどが釣れます。

大黒ふ頭にある海釣り施設

大黒海釣り施設は、通称、大黒海釣り公園と呼ばれることが多く、釣り人ファンに親しまれています。

イワシやアジ、メジナやカサゴ、さらにはイカやスズキ、クロダイなども釣れるという本格的な釣場になっています。沢山の魚が遊泳しているスポットですね!

バスも使える、駐車場も広々

横浜駅かJR鶴見駅からのいずれかからバスが出ており、大黒海釣り公園ちかくまでバスも通っています。また、バーベキューや釣り竿をレンタルする人なども気軽に来られます。

これは、有難いサービスですね。私は今回、見学する目的で行きました。

車で来る方も安心です。駐車場はとても広く、スタッフに聞いたところ、混雑する日でも駐車場がいっぱいになることはないそうです。とても好意を感じますね。

高速出口から出ると、案内が多数あるので、まず迷うことはないかと思います。駐車料金は良心的な価格です。

ちなみに自転車でも来られるとは思いますが、体力と気力に自信がない方はオススメしません!かなりの距離がありますから。

遊歩道やバーベキュー場も完備

駐車場から遊歩道を歩いていきますと、すぐバーベキュー場が見えてきます。

こんな見晴らしの良いところで食べるBBQは格別ですよね。

想像するだけで、楽しくなります!

バーベキュー場の利用は事前予約が可能です。釜など機材はもちろんのこと、事前予約してあれば食材も用意してくれるとのことです。これは、いい情報をゲットしました。

要は手ぶらで行けるいうメリットが大きいですからね!

バーベキュー場の釜にはすべてタープが備わっていますので、夏の暑いときでも安心です。逆を言えば、秋から冬にかけては、厚着していく必要があるという事です。風速1メートル辺り体感温度が1度下がると言われていますから、暑くなったら脱げば良いんです。薄着で行って着るものがない!となったら困りますからね。

トイレはちょっと離れていますが、大型なのでお子様連れでも安心です。

充実の管理棟・レンタルの竿でも十分釣れる

管理棟も駐車場からすぐ近くにあります。クーラーバッグと竿をもった人たちがどんどんと入っていきます。うわーやっぱり釣りたい・・・。

入ると、昨日の釣果や、今日の潮の干満など、とても賑わっている様子が伺えます。

チケットを買います。見学だけならなんと100円という安さ。

釣りをする人は釣り用のチケットを買います。再入場も可能なので親切ですね。

管理棟の中には休憩所のあります。持ち込みしたご飯も、こちらで食べても大丈夫なので、家族連れの方にも嬉しい心配りですね。

もちろん水回りも完璧ですので、ほんと安心できる施設です。

釣り竿のレンタルをしたい人や、餌や仕掛けを買いたい人は、チケット売り場すぐ横の売店で購入可能です。

わたしが見学した日も、4人の若い大学生らしき若いお兄さんたちが竿を借りて、イワシを釣っていました。とても楽しそうで、釣れるたびに笑い声が聞こえてきました。

ゴミ箱は桟橋にもありますが、感謝の気持ちを込めて持ち帰りましょう。とにかく駐車場からも近くて再入場も可能ですから、何も困ることはないと思いますから。

つり場は桟橋の上・水面からの景色

受付を済ませたら桟橋を渡ってつり場にいきます。釣り人の邪魔にならないためにも橋の両端で竿を下ろす感じです。歩く人は真ん中の通路を歩きましょう。

結構な高さですが、柵が高いので落ちる怖さはありません。そして、この防波堤の隙間に糸を垂らすとカサゴなどが釣れます。

橋の向こう側には【横浜みなとみらい】が見えます。

ほんと見晴らしも最高で、日常の喧騒な時間を忘れさせてくれます。

多い日ではポイントに入れないほど隙間もなく釣り竿がひしめくそうです。

それでもほぼ何らかの魚が毎日釣れているそうです。ホームページに毎日の釣果が書いてありますので、参考にしましょう。

サビキ釣りでイワシやアジを狙う

私がが行った日は【サビキ釣り】といって、まき餌さをまき、数本の釣り針とつけた仕掛けを垂らす釣り方をする人が多かったです。

8対2でサビキ、カサゴ狙いといった感じでした。いずれも竿とリールが必須ですね。

でも、貸し竿でも十分に魚は釣れるようなので心配は無用でしょう。

何人かの人に見せてもらいましたが、イワシがたくさん釣れていました。ちなみに、そのイワシを餌にして、30cm級のアジも狙えるそうです。

結構な大きさですね。そして、釣った魚を【エサ】にするという釣りのテクニック。

斬新というか、残酷というか、大物狙いの裏技という事でしょうね。

あと、肝心な持ち物として挙げるなら、イスとクーラーと水をくむバケツと長い紐とゴザは必須です。

テントを持ってきている人もいました。それだけ常連の方も多く、新しい交流の場としても楽しめそうですね。

先ほどにも出てきた若いお兄さんたちのバケツを覗かせて貰ったら、アジやカサゴが沢山入っていました。

公園の施設情報

[入場料 (1日) (見学者は別料金, 回数券あり, 駐車場は有料)] 大人: 900円 小人: 450円 小学生: 300円 小学生未満: 無料

[釣り具レンタル料金 (1日)] 要確認

[利用可能時間 (釣り桟橋の利用時間は, 終了時間の30分前まで)]

4 – 10月: 6:00 – 19:00 11 – 2月: 7:00 – 17:00 3月: 6:00 – 18:00

スポンサーリンク