三浦半島で磯釣りならで凡天の鼻!【神奈川】

三浦半島は良い釣りスポットが点在しているエリアで、三浦半島に釣りに行こうと思っている釣り人は多数いることでしょう。

そんな三浦半島で今回おすすめしたいのが凡天の鼻と呼ばれている磯釣りのポイントです。
波しぶきが舞い散る磯の上で釣りを楽しめますよ!

凡天の鼻とは

出典:http://tsuribaannai.com/bontennohana/

神奈川県横須賀市秋谷、国道134号沿いにある立石公園の近くにある地磯です。

クロダイ師に人気のスポットになっていて休日は沢山の釣り人で賑わっています!
また立石公園の由来にもなってる「立石」という岩が有名で、観光地にもなっています。
そのために近くに県営立石駐車場があります。
この駐車場は無料で利用ができ、
凡天の鼻までも歩いていくことができます。

さらに立石公園内にはトイレも備えられていますので家族連れやカップルにもおすすめできるスポットです。

釣れる魚

主な釣れる魚は、クロダイ、ウミタナゴ、カワハギ、メジナ、キス、カサゴ、メバル、アオリイカ等です。
魚の種類も多彩で自分にあった釣りを楽します。

特にウキフカセ釣りでクロダイを狙うのが人気になってます。

水深は4~5mほどになっていて春の乗っ込み期が特に釣りやすくなっています。
根掛かりが多いスポットになっていますが、投げ釣りでカワハギを狙ってみるのも良いでしょう。
メバリングではメバルが狙え、エギングではアオリイカが狙うことが出来ます。

ウキフカセ釣りでクロダイを狙おう!

ウキフカセ釣りとは?

ウキフカセ釣りとは、マキエをヒシャクで撒きながら魚を集めて効率よく釣る方法です。
世界的に見てもあまり類がなく、日本独自の釣り方と言ってもいいでしょう!

仕掛けにウキを使わないで糸とエサ、針の重さだけの仕掛けを海中に漂わせて(フカセて)魚を誘う釣るため、フカセ釣りといます。
マキエと仕掛けを同時に投げるためえ警戒心の強い魚も引き寄せることが可能な釣り方です。

クロダイの釣り方

クロダイはとても警戒心が強い魚なのでウキフカセ釣りが一番釣りやすい釣り方です!
クロダイは海底を泳いでいることが多いため基本的には底狙いです。
エサが海底付近を漂うように撒くことが大切です。

潮位の変化に合わせてこまめに調節しましょう。

またクロダイは泳ぎがあまり得意ではないので潮が緩む場所や岩などに隠れていることが多いのでその辺りに狙いを定めましょう!

同じ三浦半島、荒崎のクロダイを紹介した記事はこちら♪

まとめ

今回は三浦半島の凡天の鼻でクロダイを狙う方法についてでした。
凡天の鼻は近くに公園もあるため設備も整っていて本格的に釣りを楽しめる場所になっています。

ウキフカセ釣りでクロダイを狙うのをおすすめしましたがメバリングやエギングなど様々な方法で楽しんでみるのも良いでしょう!
都心からもアクセスも良いのでぜひ一度訪れてみてはどうでしょうか?

住所

〒240-0105

横須賀市秋谷3丁目5番

立石公園

駐車場 24時間利用可能

駐車場は県営立石駐車場 問い合わせ先046-853-8800

アクセス

JR逗子駅から長井行バス「立石」下車

横浜横須賀道路・横須賀ICより県道27号、県道217号を経由。国道134号沿い


スポンサーリンク