【神奈川県】魚の種類が豊富!水江町公園で、楽しく魚釣り!

水江町公園は、釣りをするポイントを変えるだけで、沢山の種類の魚が釣れます!キスなどの海底付近に生息する魚もよく釣れます。

周辺は工場に囲まれているのに、汚染などはなさそうです!こんな感じの水江町公園を今回は紹介していきたいと思います!

水江町公園はどんなところ?

ということで、まず水江町公園について詳しく書いていきたいと思います!

まず、水江町公園には二つの突堤があります。そこでは投げ釣りが盛んなのですが、突堤自体広くないので、早く来た人が投げ竿を並べてしまうため、場所取りが困難になります。

もし突堤で投げたい場合は、早く行って場所取りが必須になってきます。

更に突堤は足元の水深が、約2mあり、突堤の端から少し先に行ったところには、深く落ち込んでいるところがあります!

次に障害物のある所があるのですが、そこはシーバスなどの回遊場所になっているようです!

他にも船着場や工場排水口などもあり、水深が違ったり、砂泥だったりと色々あります!

最後に投げる際に、背中側のフェンスと、手すりの距離が近いところがありますので、遠投する方は十分に気を付けてください。

水江町公園、周辺の施設

トイレや釣具屋は近くにないです。

唯一、駐車場は少ないですが用意されています!

周辺は工場に囲まれています。

先ほども紹介しましたが、工場と聞くと汚水などを想像してしまうと思いますが、ご安心ください!綺麗です!

工場排水口は常に出ているわけではないので、逆に出るタイミングを狙って、投げれば「シーバス」等、引っかかるかもしれません!

釣れる魚の種類と時期

春(3月・4月・5月)

「メバル」「スズキ」「アナゴ」「カレイ」「マゴチ」「イシモチ」「ウミタナゴ」など

夏(6月・7月・8月)

「シロギス」「アナゴ」「マゴチ」など

秋(9月・10月・11月)

「メバル」「スズキ」「カレイ」「イシモチ」「ウミタナゴ」など

冬(12月・1月・2月)

「メバル」「カレイ」「イシモチ」「ウミタナゴ」など

「クロダイ」は、タンクガニなどを使って落とし込みで狙うのがベスト。

7月~9月頃が釣りやすい時期。

5月~9月ごろは、「ハゼ」「キス」、10月~4月ごろは、「カレイ」「アイナメ」、どちらも投げ釣りで釣りあげられます。

船着場のところは、あまり船が停泊せず、船着場なので足元から水深があります!

さらに、手前は捨石になっていて奥は砂泥になっています!

因みに、水江町公園では夜にルアーフィッシングで「シーバス」などを釣る人も結構います!

水江町公園の夜釣り

夜はルアーで「シーバス」等狙えると話しましたが、実は水江町公園では、夜釣りをしながら、夜景も楽しめてしまいます!

東京湾を挟んで水江町公園からも見れるし、京浜運河湾越しに東扇島の工場夜景を楽しむこともできます。

友達同士、カップルにすごくお勧めです。

ですが、公園の西側に駐車スペースがあるのですが、そこから公園まで二分ほど歩かなくてはいけません。

その間の道中が、途中薄暗いところを通らなくてはいけなくなるので、女性のみで行くのは、あまりお勧めできません。

十分に気をつけてください!

また、駐車スペースもあるので現実から少し離れて、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

水江町公園を少しでも、いいな~と思っていただけましたか?

釣れる魚の種類も豊富なので、釣りも楽しめて夜景も見れたら、贅沢ですね!

贅沢な時間をお過ごしください!

【住所】〒210-0866 神奈川県川崎市川崎区水江町6

・営業時間24時間

・休業日なし

【アクセス】

車:首都高速神奈川1号横羽線・大師料金所より約10分。

スポンサーリンク