ハゼ釣りのメッカ。そしてカニも!?釣りならココ!「朝潮運河(あさしおうんが)」へ!

東京都中央区にある朝潮運河(あさしおうんが)は、勝どき、月島、豊海町と晴海の間を流れる運河です、ハゼ釣りやカニがとれる名所として有名なスポットなんです!具体的にどんなところなのか見ていきましょう!

朝潮運河で釣りを楽しむ!

都営地下鉄大江戸線の勝どき駅から徒歩で約5分程度の場所にある朝潮運河は、電車釣行派の方にはうれしい立地。そして東京でも有名なハゼ釣りのメッカと言われています。周辺には春海屋釣具店をはじめ、餌勝商店、釣友、清水釣具商会、河内屋など釣具店も豊富にあるので釣りをする方にとっては最高ですね!

釣れる魚の一覧

 カニ、ハゼ、ボラ、セイゴ、フッコ、メバル

 カニ、ハゼ、ボラ、セイゴ、フッコ、メバル

 カニ、ハゼ、ボラ、セイゴ、フッコ

 カニ、セイゴ、フッコ

ハゼがアツい!

朝潮運河は、晴海アイランドトリトンスクエアという商業施設が隣接していて、その前の護岸などから釣りが可能です。夏・秋にはチョイ投げミャク釣りウキ釣りなどの釣り法で狙うことができます。夏のシーズンはハゼ釣りをする人でかなりの賑わいを見せています。8月の上旬あたりから釣れるようになっていき、10月までは初心者の方でもハゼの数釣りで大漁間違いないでしょう!いきがいい時ですと、ハゼは大体の餌に食いついてくるので、イソメ類などの生きた虫エサが嫌いな人には最高の条件でハゼ釣りができます。釜あげサクラエビも効果がありますが少し高価なので他の安価な餌で十分でしょう。

歩道なので足場もいいですし、護岸には1mほどのフェンスがされているので安心して釣りができます!(ただしフェンスが高くなっている場所や足場が高いところでは若干釣りがしづらくなっています。その他にもボートや歩行者など通りますので、気を付けて釣りを楽しんでください!)

他にも色々釣れます。

満潮時間に川の中央くらいまでルアーをキャストしないといけませんが、それが出来ればルアーでシーバスを狙うことも可能です。セイゴ、フッコあたりのシーバスまでなら実績があるがベテランでもない限りは狙う釣り人は少ないでしょう。その他にセイゴもターゲットとなります。

<ちょっと解説 キャスト

キャストとはロッドを使って仕掛けを投げることを言います。キャスティングとも。

カニも釣れる!?

朝潮運河では主にモクズガニというカニを狙えます。大きさはやや小さいカニなので数とることが必要になりますが、食べるのであればカニ味噌が最高においしいです(笑)シーズン的には 春から夏の河川の淡水域(夏から秋)と、河口・海域(秋から冬)くらいがベスト。カニは夜間の移動が活発なので港の明かりやライトを頼りにしていきましょう。狙い方としてはカニ網か、たも網を使います。泳いでいたり、壁についていたらすくうだけでとれます。

<ちょっと解説 たも網

たも網とは、袋状にした網を、竹・木・金属・炭素繊維で作った円形あるいは三角形の枠に結び付け、柄を取り付けた物です。すくい網の一種ですね。

<ちょっと解説 カニ網の使い方>

カニ網の使い方は簡単で、中央の赤い袋にエサを入れると、そこに集まってきたカニが回りの網に絡まってくれます。カニ釣りの時はカニ網をぜひおすすめしたいです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?東京にあり、電車でのアクセスも良好で、釣具店も充実しているので初心者の方でも安心して釣りを楽しんでもらえると思います!この記事を読んでもらって朝潮運河でハゼ釣りやカニを思う存分楽しんではどうでしょうか!

朝潮運河

【所在地】

東京都中央区勝どき、月島、豊海町、晴海

【アクセス】

都営大江戸線 勝どき駅より徒歩5分

<車の場合>晴海通り(都道304号)を南下し、黎明橋を渡り晴海三丁目交差点を左折

【駐車場】

有料駐車場あり

トイレあり

スポンサーリンク