ハゼが大漁!初めての海釣りは「大井ふ頭中央海浜公園」【東京】

大井ふ頭中央海浜公園とは?

品川駅東口より都営バスを使っていくことのできる大井ふ頭中央海浜公園。

こちらの公園はテニスコートに野球場、陸上競技場など多数のスポーツ施設のある「スポーツの森」、釣り、バーベキュー、さらには天然潮干狩りをすることが可能な「なぎさの森」の二つに分かれている大きな公園です。

都心にありながら、さまざまな鳥のさえずりが聞こえる緑溢れる場所なんです。アクセスが良く、季節を問わず多くの人で賑わっています。

ハゼが熱い?

初心者おすすめスポット「はぜつき磯」

・大井ふ頭中央海浜公園には「はぜつき磯」というポイントがあるほどハゼ釣りで熱いスポットなんです。公園側の川辺にはゴロタ石(普通にころがっている丸い石のことです)が大量に敷き詰められています。

ハゼはこのゴロタ石にバンバン集まってきてくれる魚なんです。はぜつき磯には目立つ位置に赤いモニュメントがあります。

良く釣れるポイントははぜつき磯中央あたりにあるこの赤いモニュメントの周りで、ここは沖の石がやや少なく、根掛かりしにくいため初心者の方でも大変釣りやすいポイントとなっています。

春夏シーズン

・春から夏のシーズンはハゼが岸沿いまで近づいてきてくれるので「はぜつき磯」全体が絶好の釣りスポットになります。オススメの釣り方としては、のべ竿でのミャク釣り(浮きを使わない釣り方。 軽いおもりだけをつけた糸を張った状態で下げて待ち,魚の食いを感じたら釣り上げる。 ハゼ釣りに用いられることが多い釣り方)か、玉ウキを付けたウキ釣りです。

秋冬シーズン

・秋~冬はハゼが深場へ移動するので投げ釣りで川の中央を狙うか、石と石の間を狙って隠れたハゼを釣る穴釣りがメインとなります。

釣りスポットは「はぜつき磯」だけじゃない!

大井ふ頭中央海浜公園にははぜつき磯のほかにもみどりが浜しおじ磯夕やけなぎさといった釣りスポットが点在しています。そちらも少し紹介しておきましょう。

みどりが浜

はぜつき磯から南に行くと全長300mのみどりが浜があります。こちらは護岸がコンクリートで整備されていて足元が安定しているので初心者の方でも安心して釣りが楽しめます。みどりが浜は、石が沖のほうまでまで敷き詰められていて、ハゼが集まる石の切れ間が狙いにくいので数釣りよりも沖の深い場所にいる比較的サイズの良いハゼを狙います。なのでここではのべ竿よりも投げ釣りがおススメ。

しおじ磯

東京モノレール「大井競馬場駅」から最も近い全長300m程度のポイントしおじ磯こちらでは春から夏のハゼ釣りシーズンでは岸際でハゼの数釣りができます。夜はシーバスやクロダイ、数は少なめですがカレイが釣れる事も。はぜつき磯に比較的条件の似ている釣りポイントです。

夕やけなぎさ

夕やけなぎさは京浜運河沿いに作られた全長30m程度の小さな人口浜。こちらも主に釣れる魚はハゼです。釣り方は水の中に立ちこんで(ウェーダーを着用するといいかもしれません)のべ竿でのミャク釣り、または玉ウキを付けたウキ釣りがおススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!ハゼ釣りスポットとして有名なこちらの大井ふ頭中央海浜公園。ぜひこの記事を読んでもらい、初心者の方でも大漁を目指してみてください!

アクセス

<所在地>〒143-0003 東京都品川区八潮4丁目

車 国道15号線南大井一丁目交差点を東に進み、京浜運河に架かる勝島橋を渡り、中央海浜公園前交差点を右折すぐ。
JR 品川駅(東口)より 都営バス「品91系統」 「八潮南」下車 徒歩6分
京浜 大森海岸駅より 京急バス「森22系統」「中央公園」下車 徒歩5分
東京モノレール 大井競馬場前下車 徒歩8分

<駐車場>あり

<トイレ>あり

スポンサーリンク