うみ釣り公園の魅力とは?!

今回は海釣り公園の魅力を紹介していきます。

初心者からベテランまで安全に釣りが楽しめる

海釣りというと、足場が不安定な岩場や堤防に上って釣りをするというイメージがあり、初心者や女性、子供連れだと危険が伴い、初心者同士やファミリーでは行くのに躊躇してしまいがちですよね。

そんな釣りがしたいけどどうしたら分からない人のために安全な釣り場を提供してくれるのが海釣り公園(海釣り施設)です。

関東では東京から千葉、横須賀にかけての東京湾沿い、茨城の沿岸、さらに静岡まで足を伸ばすと熱海などにあります。

ちょっと釣りがしたいな、というときには東京湾沿いの海釣り公園、少し足をのばして気分転換といったときには静岡がオススメです。

補足しますと、ただの堤防だと柵がないため誤って海に落ちるかもという不安もありますが、海釣り施設では柵がついているため初心者やファミリーでも安心して釣りを楽しめます。

レンタル釣り竿やエサ販売

ほとんどの施設は、備え付けの売店があり、釣り竿のレンタルや釣り餌の販売をしています。道具がなくて手ぶらで行っても釣りが楽しめます。

1シーズンに何回も行く場合は、釣具店等で初心者向けの釣具セットを買ってしまった方が安上がりなので、そちらをオススメです。

トイレはもちろん食堂もある施設があり、初心者やファミリーには心強い施設ですね。

もちろん釣った魚は持ち帰りOK

釣った魚は自分のもの。持ち帰って食べることも可能です。クーラーボックスを持参しましょう。どんな魚がで溢れるかは行ってからのお楽しみですね。

施設の売店で発砲スチロールタイプのものが売っている施設もあります。

自分で釣った魚を持ち帰って調理して食べるのは格別です。

新鮮でないと刺身にできないような魚が食べることもできます。また【あの時の味】を味わいたい!とリピーターする方も多いのも魅力の一つです。

釣り大会やイベントも

場所によっては釣り大会やイベントが開催されています。子供対象の釣り大会、初心者向けの釣り教室、稚魚の放流イベント、ファミリー向け釣り大会、などさまざまなイベントがありますので、参加して新しい交流を作る場として活用するのも良いですね。

施設にはそれぞれ注意事項(立入禁止区域内には立ち入らない、周りに迷惑となる行為はしない等)があるのでルールを守って楽しく釣りをしよう!

海釣り公園の魅力とは?

釣り場には居着きの魚も多いので、釣果を見込みやすいことも人気の理由となっています。

でも1番は、海釣り公園は安全性が高く、ファミリーに人気があることだと私は感じました。

釣り場には居着きの魚も多いので、東京都の海釣り公園に関しては車だけでなく、電車でのアクセスがしやすいことも魅力です。

東京都の海釣り公園での注意点

ルアー釣りや投げ釣りが禁止になっている場所もありますので、事前に各海釣り公園の情報をチェックしておきましょう。

東京都はオキアミコマセが禁止となっていますので注意しましょう。

海釣り公園で釣果を伸ばすコツ

海釣り公園で最も釣果を出しやすいのがサビキ釣り

アジやサバ、イワシなどをとにかくたくさん釣りたいという場合には、サビキ釣りをやってみましょう。

ここではサビキ釣りでより釣果を出すためのコツをご紹介します。

コツ①:釣れるタナ(水深)を知ろう

サビキ釣りで重要になるのが、魚が泳いでいる水深を知ることが大切です。

いろんな水深を探って釣れる深さを見つけてみましょう。

なかなか釣れる水深が分からず反応がない場合には、サビキ仕掛けを2連にしてより広い水深を1回で探れるようにしてみるのもいいと思います。

コツ②:置き竿を活用しよう

効率よく探っていくのがコツとなるサビキ釣り。

1本は手持ち、1本は置き竿にするなどして釣りをしていくのもおすすめです。

ただし、釣り公園で竿を持ち込める本数が決まっている場合もあるので、確認の上で行うようにしてください。

コツ③:手返しを早く!

サビキ釣りでは水中にエサが無くなってしまうと、魚はどこかへ行ってしまいます。

何とか逃がさないように、釣れたらすぐに次の投入に移れるようにしておくことも重要ポイントです。

これを釣りでは「手返し」と呼びます。

サビキ釣りではカゴにエサを詰めるのに時間が掛かるので、チューブやスプーンを利用して素早くエサ詰め出来るようにしてみてください。

まとめ

今回は【うみ釣り公園】の魅力を紹介をしました。

スポンサーリンク