エギングでアオリイカを釣ってみよう!!

今回は、大人気のエギングでメインターゲットとなるアオリイカエギングについてご紹介したいと思います。

アオリイカ釣り シーズン

アオリイカは、時期を問わず釣れると語られていますが、年中釣れるのは漁場が豊かな限られた地域だけなのです。主に良く釣れるのは春と秋になります。

エギングとは

エギングとはイカを釣る際に『餌木(エギ)』を使う釣法です。ゲーム性が高く、多くのアングラーたちを夢中にさせています。

エギングをはじめるなら、堤防へ行こう!
潮の流れの変化などがあり、エサが集まって良く釣れるポイントなのでおススメです。
足場もいいので安全に釣ることが出来ます。

堤防の上には、イカが吐いたスミの跡が残っていることがあります。スミ跡の数が多いほど、よく釣れている証拠です。

エギングのテクニック

シャクリ 

エギが海底に着いたら、ロッドを跳ね上げるように動かします。これが「シャクリ」と呼ばれるものです。

フォール(2種類)

フォールには(フリーフォール)(カーブフォール)の2種類あります。

アオリイカはシャクリの途中ではなく、落ちていく最中にエギを抱くことが多いです。
うまくフォールさせてイカにエギを見せることが、大切です。

(フリーフォール)はテンションをかけずに落とすので、エギの移動距離が小さくなり、早く沈めることができます

(カーブフォール)はラインを張りながらエギを沈める方法です。

移動距離が長いのでエギをじっくりと見せることができ、アタリもわかりやすいです。

そして、アタリを感じたら竿をあおってアワセます。
エギを動かしてしっかりとフッキングしよう。

フッキングにはある程度の力は必要ですが、あまり鋭敏にアワセるとイカの身が切れ逃げられることもあるので気を付けましょう。
アオリイカの重みを感じながら、長めのストロークで乗せましょう。
大型になるとエギを抱く力が強いため、鋭いフッキングを行なう場合もあります。

フッキングに成功すると、ゆっくりとリールを巻いて寄せます。
抜き上げる際に、堤防は足場が高いのでイカの重みでエギから外れてしまう場合があります。
ですので、ネットですくうのがおススメです。

王道の最先端スペック

まとめ

エギングはポイントや潮を読んでただ待つだけでなく、自ら獲物を誘うことができるのでそこが魅力になっております。
そして何より、手軽に楽しめることができるので是非ともやってみて下さいね!

アオリイカの天ぷらを特集した記事です

スポンサーリンク