1年を通して釣れる魚『キス』

今回のターゲットは愛する人とする『KISS』ではなく、魚の『キス』です。冗談交じりに初心者向けのキスの釣れるシーズンと竿選びの紹介をお話ししていきましょう。

竿選び

サーフからの投げ釣りで人気のターゲットであるキスは、寒い冬の時期では船釣りで狙うこともでき、年間を通して楽しめる『ターゲット』サーフや堤防からの釣りの時期は、夏の終盤から秋にかけてハイシーズンとなります。

キスの投げ釣りで最もポピュラーなのは4m程度のモデルが基本です。

なんといっても汎用性が高く入手もしやすいため、迷ったらまず『キス竿の長さ』を確認して選んでみましょう。

分からない場合は、店員さんや釣り仲間に聞いてみるといいでしょう。

投げ釣り用の竿には2種類あり、1つは振り出し式のものと2つ目は並継ぎ式のものがあります。

並継ぎ式の竿の方が感度と遠投性に優れていますが、最も安いもので3万円前後と初心者には手を出しづらいのが難点です。

私も購入には戸惑うかと思います。

そのため、初心者はまず振り出し式の竿を購入することをおすすめします。

並継ぎのモデルと比較して持ち運びしやすく扱いやすいのが特徴です。

投げ釣り用の竿は長さの他に適合オモリの号数によって硬さが分けられていますが、まず初めの1本としてはMAX30号程度の竿がおすすめしております。

この硬さの竿が最も一般的で扱いやすいこともあり、初心者にも扱いやすいのが魅力的です。

シマノの投げ釣り用エントリーモデル。軽量のカーボン製ブランクを使用しており、軽快なキャストフィーリングを得られる特徴を持っています。

ダイワの投げ釣り用エントリーモデル。

実売価格1万円を切る価格設定ながら、投竿に求められるハリと粘りを備えた本格仕様の竿で魅力的です。

プロマリン(PRO MARINE) ロッド プロフィット投釣リセット20-360。

超初心者で、竿もリールも何でもいいという方にはこちらがおすすめ!

竿とリールがセットになって2,300円という破格の値段設定になっております。特にこだわりが無い人は、これを選ぶことをおすすめします。私のような気まぐれ初心者にもピッタリかもしれないですね。

リール選び

投竿を使用してキスの投げ釣りを本格的に始めるのであれば、投げ釣り専用のリールを購入することをおすすめします。ラインの放出がスムーズになるようにテーパー状のスプールを採用している点が特徴的です。また投げ釣り専用のリールは飛距離を稼ぐことに最も重点視います。

一般的なリールと比較すると大型で自重も重いが、投竿と組み合わせることで重さのバランスが保たれるようになるため、自重のあるリールで問題ありません。

また頻繁にキャストを繰り返す釣りではないため、タックル全体が多少重くてもさほど気にならないのが特徴です。

道糸の選び方

投げ釣り用リールには大きく分けて細糸仕様と太糸仕様の2種類があります。

キスの投げ釣りには細糸仕様のリールが適しているため、細糸仕様のリールを選択しましょう。

太糸仕様のリールはタマンカレイやマダイといった大型魚を砂浜から狙う際に使用します。そのため、PEライン1.5号前後の使用を前提としているため、キス狙いの際にはオーバースペックとなるので注意しましょう。

ギア比とドラグ

ギア比に関しては、投げ釣り用のリールは大抵がローギアの設定になっていますので、自重のあるオモリを巻き取る際に、ハイギアのリールだと巻きおもりがして回収に一手間も二手間もかかってしまうのでおすすめしません。

またドラグに関しては、キスの投げ釣り用リールには搭載されていないことが多いです。砂浜から大型魚を狙う場合は別として、キス釣りにおいてドラグを使う必要はありません。

専用リールの中にはドラグが搭載されているモデルもありますが、使わないことが多いのでドラグの有無はあまり気にする必要はありません。なら、気にしません!

ラインのキャパシティー

0.8号が200m以上巻けるキャパシティのリールであれば問題ありません。

〇メインラインにはPEライン

メインラインには低伸度で高感度を誇るPEラインを使用しましょう。

投げ釣りにおいて、最重要項目である「飛距離」を十分稼ぐためにも、メインラインはPEライン一択であると言って過言ではありません。また、多少高価ではありますが、4本撚りのラインよりも8本撚りのラインの方が糸抜けが良いので、飛距離が出るので8本撚りのラインの方おすすめします。

〇メインラインの号数と長さ


メインラインにはPEラインの0.8号を200m巻いておきましょう。

ある程度投げ釣りに慣れてきた人なら0.6号を採用しても良いですが、慣れないうちは高切れすることが多いので、まずは0.8号をおすすめしております。

〇力糸の役割

他の釣りと違い、投げ釣りに特有なラインが力糸です。

この力糸はテーパー状になっており、キャスト時の力を分散させ、高切れを防ぐために使用します。また、メインラインと仕掛けの間にこの力糸を挟まないと、高確率で高切れを起こすので、必ず力糸を挟むようにしましょう。少々、細かいことが苦手な私にもできるか?心配ですが、やってみましょう。

〇力糸の使用方法
力糸は一般的に0.8号〜6号のような表記で販売されています。これは一端が0.8号の太さで、そこから徐々に太くなり、最終的にもう一端が6号の太さであることを示します。

メインラインに0.8号のPEラインを使用するのであれば、力糸の0.8号側をメインラインと結束し、反対の6号側にオモリに接続するのです。メインラインと力糸の結束には電車結びがおすすめします。何故なら初心者でも簡単に覚えることができ、なおかつ強度面も十分に確保されているからです。

〇仕掛けの選び方
キスの投げ釣り用仕掛けは、始めのうちは市販の完成仕掛けで良いでしょう。

ある程度慣れてきたら自作の仕掛けを作成しても良いですが、難易度が高いため初心者にはおすすめしません。分かりました、大人しく完成仕掛けを愛用します。

ハリの号数やハリスの太さによって様々なタイプものが発売されていますが、ハリに関しては最も汎用性の高い8号のものを選択すると良いです。ピンギスと呼ばれる小型のキスが多く混じり、フッキングに至らない場合には6号のハリを、ベラやフグなどが多く掛かる場合には10号のハリを使用すると対処できるケースが多いです。是非、試してみて下さい。ハリの号数で、特徴がここまで、違うことに興味が湧いてきますね。

ハリの本数に関しては、一般的に2本バリ、3本バリ、5本バリのものが市販されています。ハリの本数が少なすぎると仕掛けを頻繁に交換する必要がある一方で、多すぎるとライントラブルにつながりますので加減は自分の感覚で慣れていくのも楽しみの一つだと思います。

それでも不安を感じるのであれば、初心者には3本バリの仕掛けをおすすめします。

ハリの本数に関してはあまりシビアになる必要はないですが、多すぎると絡まるリスクが高まり初心者には扱いきれないことが多いので、ここは欲張らず3本バリで試していきましょう。

ハリスを切られたり、根掛かりすることを踏まえ、最低でも1人3セットは用意しておくことをおすすめします。さらに言えば5セット程度手元にあればなお安心です。

また仕掛けにビーズが付いているものはターゲットへエサの位置を伝え、アピール力が増すのでおすすめします。

〇ジェット天秤にするか?海草天秤にするか?


投げ釣り用のオモリには大きく分けてジェット天秤と海草天秤の2種類があります。

ジェット天秤はオモリと仕掛けが一直線になるため、波の抵抗を受けにくく仕掛けが絡みにくいという特徴があります。

その一方でキャストの際にオモリと仕掛けの距離が近くなるため、適切なフォームでキャストしないと絡んでしまうというデメリットもあります。

海草天秤はL字型の天秤であり、キャストの際にオモリと仕掛けの距離が離れるため、ライントラブルを起こしにくいですが、海中でサビく際にオモリと仕掛けが離れているため波の抵抗を受けやすく、障害物に引っかかりやすいというデメリットもあります。

どちらにせよメリット・デメリットはありますが、初心者にはより扱いやすいジェット天秤がおすすめです。

まとめ

今回はここまでにします。

まずは最後まで読んでいただき有難うございました。釣

りに関して超初心者の方でも、超プロ者の方でも、釣りの楽しみ方は人それぞれだと思います。

皆さんはどんな釣りの楽しさを知っていますか?貴方らしい釣りの楽しさを是非、教えて下さいね!

スポンサーリンク