女子高生が釣り?! ほのぼの4人組の部活動釣り漫画【放課後ていぼう日誌】

放課後ていぼう日誌】は、今話題の釣りガールを題材にした漫画です。
今回はそんな【放課後ていぼう日誌】をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:アマゾン

放課後ていぼう日誌とは

出典:アマゾン

放課後ていぼう日誌】はヤングチャンピオン・コミックスで2017年から今現在も連載されている、「女子高生」と「釣り」を題材にした漫画です。
手芸部に入部するはずの主人公がひょんなことから「ていぼう部」という名の釣り部に入ることからストーリーが始まります。

放課後ていぼう日誌の主な登場人物

出典:アマゾン

鶴木陽渚(つるき ひな)

放課後ていぼう日誌の主人公であり、高校入学と同時に都会から引っ越してきた女子高生。生き物が苦手で釣りとは無縁の女の子。高校1年生。

黒岩 悠希(くろいわ ゆうき)

陽渚を「ていぼう部」へ勧誘した「ていぼう部」の部長です。だらしなく見えるところもありますが、 釣りの知識と技術は確かで頼りになる存在です。高校3年生。

帆高 夏海(ほだか なつみ)

陽渚の幼馴染の同級生。非常に明るく、夏になると真っ黒に日焼けをするほど活発な性格です。高校1年生。

大野 真(おおの まこと)

少し大柄な見た目とは逆に、口数が少なく物静かな性格。実家が魚屋を営んでいることもあり、釣りも料理も見事な腕前。高校2年生。

放課後ていぼう日誌の見どころ

出典:アマゾン

主人公が素人で釣りを学んでいくストーリーとなっています。
これから釣りを始めようという方はもちろん、経験者の方もやり始めたころを思い出しながら楽しむことができる作品です。
釣り上げた魚は必ず食すところまで描かれており、命のありがたみなども学べて気持ちよく読み上げることが出来るのも魅力の一つです。
釣り上げた時の心境、釣り場の空気間なども伝わり、表現法や繊細に描かれた絵も見どころになっております。

まとめ

絵柄もかわいらしく登場人物もそれぞれ個性があり、ストーリーも現実的でほかの作品とは違った楽しみ方ができると思います。
気になった方は是非ともご一読ください!!

スポンサーリンク